無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

story3
あなたside

えっと...学校着いたらなんかすごいことになってました(Hey! Say! JUMPとモブ達のこと)
とりあえず職員室!
あなた

失礼します
転校してきました。有栖あなたです

先生
おお。有栖か
よろしくな、俺は担任の吉國だ
あなた

よろしくお願いします

先生
早速だが教室行くか
有栖は1年A組だ
というわけで教室まで来ました

HR
先生
転校生が来たぞ!
紹介する。有栖入ってこい
あなた

失礼します。

先生
自己紹介よろしくな
あなた

はい。有栖あなたです。よろしくお願いします
ニコ

男子
(か、かわいい!!)
女子
(かわいい!!!)
先生
有栖の席は...そうだな。
今いないけど山田の隣で
あなた

わ、わかりました
(なんでいないんだろう)

先生
有栖と話したいだろうが朝会だ。移動しろ〜
伊野尾side
やっほー伊野尾慧だよ☆
今朝会中なんだけどね、なんかめっちゃかわいい女の子がいるの!
場所的に1-Aだから転校生だと思う!
薮宏太
以上で話を終わります。
(あ、転校生か)
山田涼介
次は、文化祭についてです。
(誰だろう。なんか...気になる)
中島裕翔
いよいよ今年もこの季節がやってきました。
この学校の文化祭は毎年テレビ局が来るほど有名です。......
以上で終わります。
(なんか見たことない女子がいる)
八乙女光
以上で朝会を終わります。1限目に送れないように教室に戻ってください。(わお、かわいいかも)
朝会が終わって、生徒会室
伊野尾慧
転校生ちゃんかわいかったぁ
有岡大貴
山田ずりーぞ
山田涼介
は?なんでおれ?!
薮宏太
まぁまぁ笑
岡本圭人
確かに初日からなんかオーラ笑
知念侑李
見たかったなぁ
髙木雄也
俺もわ
八乙女光
てか授業!行くぞ

山田side
朝会終わって教室戻ってきたらが俺の隣に、あの転校生がいた


授業中
中島裕翔
ねえ、やま ボソッ
山田涼介
ん?ボソッ
中島裕翔
となり ボソッ
山田涼介
ああ ボソッ
山田涼介
ごめん。俺HRの時いなくて...
名前なんて言うの? ボソッ
あなた

あ...えっと....
有栖あなたです ボソッ

山田涼介
俺は山田涼介。
よろしくな!ボソッ
先生
おいそこ!何小声で密会してるんだ笑
山田涼介
え?なんのことですかぁ?笑
男子
わはははは笑
女子
クスクス
モブ女子1
(何よ!授業中に山田様と話して!)
そして授業が終わった
男子
有栖さんってどこからきたの?
女子
有栖さん!友達になろ
休み時間になったとたんそいつの周りにたくさん人が来たので俺と裕翔は逃げることにした笑


(放課後まで飛ばします)

あなたside
休み時間とかたくさんの人に話しかけられてびっくりした
なんか今日は部活動の日らしくてみんな教室からいなくなっちゃった
今1人だよ笑
あなた

「帰る支度をしている」

山田涼介
ねぇねぇ有栖さん?
あなた

ビクッ はい。なんでしょう?
(いたんだ...)

山田涼介
(あれ?)
あのさ、この後暇?
あなた

は、はい予定はないですけど
(暗殺の準備あるけど...笑)

中島裕翔
よかったら生徒会室来ない?
みんなに紹介しようと思って
あなた

えっと...中島裕翔さん?

中島裕翔
え、なんで知ってるの?!
あなた

朝の朝会の挨拶で言っていたので...

中島裕翔
そ、そっか
(あれだけで?!すご)
山田涼介
てかさ、敬語やめようぜ
同じクラスなんだし
中島裕翔
だな笑
俺のことは裕翔とかゆうてぃーとかって呼んで
山田涼介
俺は..なんでも笑
あなた

わかりま...わかった笑
じゃあ涼介、裕翔って呼んでいい?

山田涼介
うん!
中島裕翔
もちろん!じゃあ生徒会室いこ!