第4話

帝光中のキャプテンは愛され者
246
2022/07/10 07:54
これは帝光中時代のお話(虹村さんはまだキャプテン)

虹村はあさそっけない顔で登校するが内心

めちゃ楽しみにしてる…

あいつはどんなサプライズするんだろうって

考えている(ワクワク)

が…誰も誕生日のことに触れない

なぜだ…わすれられているのか、嫌われているのか

部活終わり、みんなの姿が見えない帰ったのかと思い、

一人で部室に戻り、帰ろうとする、こぼれそうな涙を堪

えながら部室に行く。

ドアを開けた瞬間

『虹村先輩!誕生日おめでとうございます』

一瞬ポカンとなるが、何か頬に温かいものが流れる、

《あれ?先輩なんで泣いてるんですか?》

と聞かれた。

この涙は嬉し涙か自分が忘れられてなかったと言うこと

に対してのほっとした涙かはわからない。

『いや…お前らに嫌われたかと思って…』

《嫌うわけないじゃないですか大好きですよ》

『よかった…( ; ; )』

《?》

虹村は思った『ああ。これが仲間なんだって。』



虹村さん💙🎂𝙃𝙖𝙥𝙥𝙮 𝘽𝙞𝙧𝙩𝙝𝙙𝙖𝙮 🎂💙
           2022,7/10