無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

やってきた嵐
有栖川 真白
有栖川 真白
…………
有栖川 真白
有栖川 真白
……それはなんというか、
夜道に気をつけて
あなた

ですよねー……。
しかも同居させられてて、
そんなの学園の女の子たちに
知られたら、命が危ないです

有栖川 真白
有栖川 真白
ボディーガード、
雇ったほうがいいと思う、切実に
あなた

まあ、あと1年ちょっとの
辛抱ですし

私は書類の端をトントンとコピー機の上で
整えて、先輩の向かいの席に座った。
有栖川 真白
有栖川 真白
どういう意味?
あなた

私、高校卒業したら逃亡する
計画を立ててるんですよ

有栖川 真白
有栖川 真白
……ん?
真白先輩の動きがフリーズする。
あなた

もともと庶民だった私に、
財閥の令嬢とか無理ですから。
結婚して家庭に入れとか……
とてもじゃないけど、性に合わない

有栖川 真白
有栖川 真白
たしかにあなたちゃんって、
キャリアウーマンになってそうだよね
あなた

人様の世話になりっぱなしって、
なんか落ち着かなくて

あなた

なので高校卒業したら、
住み込みで働ける場所に行く予定です。
もちろん、お父さんのところには
心配かけない程度に顔を出します

あなた

今は身寄りがないですし、
子供がひとりで生きてくなんて
無理ですから、時を待って
普通の暮らしを慎ましやかに送る
野望を絶対に叶えます!

べらべらと野望について語っていると、
真白先輩がぶっと吹き出す。
有栖川 真白
有栖川 真白
ほんと、見てて飽きないね、
あなたちゃんって
肩を震わせて笑っている真白先輩。
あなた

(至極真面目に言った
つもりだったんだけどな)

私がきょとんとしていると、
生徒会室の扉が荒々しく開けられた。
男子生徒1
男子生徒1
た、助けてください!
あなた

(何事!?)

有栖川 真白
有栖川 真白
どうしたのかな?
男子生徒1
男子生徒1
文化祭の出し物の準備が、
柴園寺のせいでできないんです!
あなた

(柴園寺くん……またきみか)

相談に来た生徒の必死ぶりに、
仮ではあるが柴園寺くんの婚約者なので
申し訳ない気持ちになる。
男子生徒1
男子生徒1
女子が押し寄せてきて、
作ったお化け屋敷のセットも
破壊されていく一方で……
泣きついてきた生徒のため、
私は立ち上がる。
あなた

いろんな意味で私の仕事だと思うので、
行ってきます

あなた

(生徒会庶務と婚約者(仮)として)

有栖川 真白
有栖川 真白
ごめんね、本当に……。
それから……頑張って
眉を下げて親指を立てる
真白先輩に見送られ、
私は相談に来た生徒と一緒にクラスへ行く。
女子生徒1
女子生徒1
柴園寺くーんっ、私も手伝うっ
柴園寺 晴
柴園寺 晴
うん、ありがとう
女子生徒2
女子生徒2
私、工作って得意なのっ。
こんな下手くそな墓なんかやめて、
私がいかにもお化けが出そうなやつ
作ってあげる!
あなた

(なんの張り合い?)

出来上がっている
お化け屋敷のセットを破壊していく
紫園寺ファンの女の子たち。
女性生徒3
女性生徒3
ちょっと! あたしが
柴園寺くんの隣に座るの! 
あんた退いてよ!
女子生徒4
女子生徒4
はあ!? 早い者勝ちでしょ!
柴園寺 晴
柴園寺 晴
みんな、そんな押し合いすると危ないよ
女性生徒3
女性生徒3
柴園寺くん、優しいーっ
柴園寺くんを中心に、
女子たちが暴れている。
あなた

これは……戦場ですな

男子生徒1
男子生徒1
はい……
あなた

仕方ない

私はスカートのポケットに手を突っ込む。

いつか防犯用にお母さんから渡された
ホイッスルを取り出して、思いっきり吹いた。

──ピィィィィィィィィーッ!

その音にクラス中の人間が動きを止める。
あなた

ここで暴れないでください。
セットが壊れます

予想はしていたけれど、
キャーキャー騒いでいた
女子たちが鬼の形相になる。
女子生徒1
女子生徒1
わざとじゃないしっ
女子生徒2
女子生徒2
そうだよ! 私たちは手伝って
あげようとしただけなのにっ
女子から大ブーイングを浴びる。
男子生徒2
男子生徒2
柴園寺がいると、ろくなことないな
男子生徒3
男子生徒3
ハーレムやるなら、よそ行けよ。
ここはキャバクラじゃないんだよ
悪口も止まらなくなり、場は騒然としていた。
あなた

確かに騒動を招いたのは
柴園寺くんだけど、なにもわざと女子を
ここに集めたわけじゃないと思うよ

柴園寺 晴
柴園寺 晴
……!