無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8歩目
柳田昌浩
あの、宮司さんがどのようなご用件でしょうか?
    明らかに警戒している。
柏木崇人
木田遥斗さんのことでお電話させていただきました。
柳田昌浩
遥斗ですか?遥斗は三年前に亡くなっています
柏木崇人
存じております。でも、木田さんのことでお話があるという方がいらっしゃっているので少しお時間を取って貰えませんか?
    崇人と目が合う。
由良
(ここからが、私の勝負所!頑張って信じてもらわないと!)
    電話の向こうが異様に静かだ。静かさが、緊張と不安を煽ってくる。
柳田昌浩
……分かりました。今なら、時間があります。
柏木崇人
ありがとうございます。今、変わりますね
    崇人は私に電話を渡す。
遥斗と目が合う。遥斗が力強く頷く。
由良
も、もしもし!初めまして、私、茅野由良と言います!
    緊張で、声が上ずる。
隼人
落ち着け、茅野
    隼人が小声で言う。
木田遥斗
大丈夫。深呼吸して
    私は深呼吸をする。
由良
(大丈夫。出来る!私なら出来る!)
由良
実は、遥斗さんの恋人だった風間美緒さんにお伝えしたいことがあります
柳田昌浩
遥斗からですか?あの、失礼ですが悪戯とかではないですよね?遥斗は亡くなっているんです。今更、メッセージなんて
由良
亡くなっているからです。亡くなっているから、遥斗さんのメッセージを伝えることが出来るんです
柳田昌浩
どういうことですか?
    私はもう一度深呼吸をする。
由良
今、私の隣に木田遥斗さんの霊がいます。遥斗さんは、美緒さんに伝えたいことがあるんです。お願いです。少し、お話聞いていただけますか?
柳田昌浩
……
木田遥斗
俺の最初の仕事は、ファッション誌の靴下の足モデルだった。それでも、柳田さんは喜んでくれて……雑誌を買ってその足の部分だけ大きく引き伸ばしてポスターにしてくれたんだよ
    懐かしむように言う遥斗。
木田遥斗
足なんて、顔も出ないから誰のものかなんて分からないのに
由良
ファッション誌の遥斗さんの靴下のポスターは今も飾ってありますか?
    私は、電話に向かって言う。
柳田昌浩
え?
由良
遥斗さんの初めてのモデルのお仕事なんですよね?靴下の足のモデル。ポスターにしてくれたって、遥斗さん嬉しかったみたいですよ
柳田昌浩
……
由良
……信じてもらえませんか?
    電話口から、すすり泣く声が聞こえてきた。
私は、遥斗と目を合わせる。
柳田昌浩
あります……ポスターあります。
俺と遥斗の初めての仕事ですから……
由良
それじゃあ、
柳田昌浩
信じます。本当に、遥斗がいるんですね
由良
はい!
    緊張した雰囲気が少し和らぐ。
由良
それでですね、遥斗さんの彼女さん風間美緒さんとお話したいのですが、美緒さんの連絡先を教えていただけませんか?
柳田昌浩
えっと、そのことなのですが……
俺、遥斗に言わないといけないことがあって……
木田遥斗
え、怖いんだけど
由良
なんですか?
柳田昌浩
実は……美緒と付き合っているんです
由良
そうなんですかぁ
由良
(美緒さんと付き合っているんだー  へぇーうん?美緒さん?美緒さんと付き合っている!?)
柳田昌浩
付き合っているというか、婚約してて
今年の夏頃に式を挙げる予定なんです。
由良
ええええー!!!!
    お腹の底から声が出てしまった。
木田遥斗
まじ?柳田さんと美緒が!?
由良
こ、婚約!?け、結婚!?
柳田昌浩
はい。あの、遥斗はなんて言っていますか?
由良
えっと、
   私は遥斗の方を見る。
由良
遥斗さん?
木田遥斗
結婚、美緒が結婚……
    遥斗の目は遠くを見ていた。ブツブツと「結婚」と呟いてた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

桃木昴
桃木昴
桃木昴といいます。 「アイドルと恋の方程式」 只今、連載中です! ちなみに、アイコンはうちの愛犬です😆 twitter @momoki552
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る