無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

41
2021/07/28

第12話

夜のキスはお洒落
孤爪研磨
孤爪研磨
ほら、早く
隣おいでよ。
研磨は  こっちへ来い。
と言っているかのようにベットを
軽く叩いている。
〇〇
〇〇
あ、うん
今私はベットの中に、
そして、研磨の隣で寝ている。
心臓の音がうるさい。
孤爪研磨
孤爪研磨
何ずっと顔赤くしてるの?

照れてるの?
〇〇
〇〇
そ、そんなんじゃない。
孤爪研磨
孤爪研磨
へぇ。
〇〇
〇〇
?!、!
お腹の所に何か当たってる。
〇〇
〇〇
ちょっ。け、研磨?!
孤爪研磨
孤爪研磨
冷たい?
〇〇
〇〇
ちょ、や、辞めて/////
孤爪研磨
孤爪研磨
無理、
研磨の手が

私の背中に回っている。
そして、研磨は私のブラのホックをゆっくり

外していく。
〇〇
〇〇
ねぇ。!やめ、て、/////
孤爪研磨
孤爪研磨
じゃあ、大人しくして?