無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1
ある日の出来事
あなた
今日も学校頑張った〜
びゅ〜〜〜〜〜〜((風
あなた
うおっ寒!
ってなったらあなたはどうしますか?
ちなみに私はポケットに手を入れます
しょうま
痛!
あなた
は?
なんか小さい声で痛!って聞こえました
疲れて幻聴でも聞こえてんのかな
そうた
急に手入れないでよ
わく
ホントにビックリした〜
しょうま
俺潰されかけたもん
こうせい
てかなんでこんなとこにいんの?
こうへい
さっき風強かったじゃん
こうせい
え、そういうこと?
こうへい
うん
小さすぎて全然聞こえん
あなた
まあいいや
りゅうせい
いった!
こうせい
大丈夫?
りゅうせい
マジであの助けて欲しいっす
ひでき
俺が引っ張る〜
りゅうせい
安嶋くん痛いっす
わく
もうこの人に言うしかないじゃん
そうた
おーい!
なんか私呼ばれてない?()