無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

想い
私は走った。


すべての教室をみた。


彼を見つけたのは屋上だった
るるあ
るるあ
…樹くん
樹
るるあ??どうしたの?そんなに息切らして
るるあ
るるあ
好き
樹
…え?
るるあ
るるあ
もう…耐えられないの…辛くて…死にそう…なんだよ…甘えたいの…頼りたいの…樹くんに
私は今樹くんが扉の方を見た気がした。



多分気のせいだけど
樹
…ごめん。3軍のるるあとは付き合えない…。
るるあ
るるあ
…3…軍?どうゆう…
樹
俺らのクラスにはスクールカーストがあるんだよ。俺は一軍るるあは3軍…
るるあ
るるあ
なん…で…
私は崩れ落ちた



ズキッ


頭痛が………??
るるあ
るるあ
樹‼
小学校のときの…私?と樹くん…?
樹
るるあ‼どうしたの?
るるあ
るるあ
あのね、私樹が好きなの
だからね…
樹
…ありがとう‼俺も好きだよッずっと1番友達でいような!
るるあ
るるあ
あ…う、うんッ‼1番の友達ね!
…樹くんは…『付き合って』って言葉言わせてくれなかった…んだ…そうだ…思い出した…
るるあ
るるあ
私は…私は…
樹
るるあ…?
るるあ
るるあ
樹くんが『付き合って』って言葉、言わせてくれなくって…辛かった死にたいくらい…。
樹
え…
るるあ
るるあ
もう許さない。一生後悔してね。
        バイバイ
私は屋上から落ちた



だんだん樹くんや空が遠くなる




あぁ…2回も失恋しちゃったよ…




遠くで樹くんがなにか叫んでる





私は聞こえなかった






一生後悔してねみんな



       バイバイ












ドチャ









痛いと感じる前に私の意識はそこで途絶えた