無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

突然訪れた春
るるあ
るるあ
…え?
樹
…よっ
るるあ
るるあ
樹くん…なんで…?
樹
いや…大丈夫かなって…
るるあ
るるあ
こんなとこ見られたら〇〇にいじめられるよ?
樹
大丈夫大丈夫
るるあ
るるあ
…中入る?
樹
いいの?
るるあ
るるあ
うん…
なんでこんなに優しくしてくれるんだろう
その意味を知ったのは直後だった
樹
お邪魔します
母親
母親
何方ー?って樹くんじゃなーい!久しぶりね〜。元気にしてた〜?
樹
あ、どもお久しぶりです。元気ですよ
るるあ
るるあ
え…?知り合い?
母親
母親
やだ〜何言ってるの〜?小学校3年生くらいまで仲良くしてたじゃない〜
るるあ
るるあ
そうだっ…け、
母親
母親
戻ってきたの〜?
樹
あ、はい…
るるあ
るるあ
樹くん、とりあえず上行こ
樹
あ、うん
((ガチャ))
るるあ
るるあ
私達…知り合いだったんだ…
樹
うん…ごめん。ずっと黙ってて
るるあ
るるあ
大丈…夫
樹
そ、か
るるあ
るるあ
せっかく来てくれたとこ悪いんだけど…またお母さんに質問攻めに合うから…帰って貰え…る?
樹
あ、うん、ごめんね。急に
るるあ
るるあ
全然。来てくれてありがとう。