第57話

教師たちの会話
685
2023/08/12 11:35
カルエゴ先生
…はぁ。
??
あれ、カルエゴ先生どうしました?
カルエゴ先生
どうもこうも、奴らに手を焼いている以外ない。
ダリ先生
まぁまぁ。…そういえば、カルエゴ先生。
ダリ先生
最近、よく見てますよね。あなたさんのこと。
スージー先生
ふぃ!もしかしてカルエゴ先生…禁断の…!!
カルエゴ先生
違う!!
??
え、本当ですか、カルエゴ先生
カルエゴ先生
だから、違うと言っているだろう!!
ツムル先生
えー
マルバス先生
(まぁ、それはそれで面白くなりそうですけど…)
??
ブルシェンコ先生ー
ブルシェンコ先生
?ラッダァ先生。どうしました。
ラッダァ先生
ゾムどこ行ったか知りません?
ブルシェンコ先生
何故それを私に??
ラッダァ先生
え、担任だから居場所分かるかなーと。
ブルシェンコ先生
分かりませんよ;
スージー先生
ラッダァ先生、血は拭ってからにしてくださいね
マルバス先生
ただ怖い人になってますよ…
ラッダァ先生
え〜?んーまぁ、ゾムがいなければあなた捕まえるか〜
ダリ先生
!おっとぉ?
??
失礼します!スージー先生いますか?
ルーキーハント終了後、
私は、スージー先生に用事があり、職員室に来た。
なのに…
 
グルン
(なまえ)
あなた
(あっ…終わった())
ラッダァ先生
あなたはっけーん♡
なんと、そこには、ラッダァ先生もいたのだ。
(なまえ)
あなた
わっ!?!?ちょっと、やめてくださいよ、ラッダァ先生!!
今、私はラッダァ先生に横抱きで持ち上げられています。
最近ずっとこれで捕まってるんですけど!!?
ツムル先生
えっ。嘘でしょ。
ってか、また怪我しながら誰か探してたわけ!?
(なまえ)
あなた
先生ちょっと待って、本当に。怪我治しましょ???
ラッダァ先生
えー俺別にいい〜
(なまえ)
あなた
良くないですよ!!生徒怖がらせてどうするんですか!!!
我々師団で勘違い騒動あったからね??!
(なまえ)
あなた
とにかく一旦下ろしてください!
ラッダァ先生
えーしょうがないなぁー。
そう言って下ろしてくれた、ラッダァ先生。
はぁ。ひとまず安心かな。
(なまえ)
あなた
半永久ヒール
そう唱えると、ラッダァ先生の傷が治った。
(なまえ)
あなた
応急処置ですが、これなら大丈夫でしょう。
魔術って便利だなぁ。
前は、出来なかったから包帯とか絆創膏で処置してたけど、回復の魔術覚えてからは、めちゃくちゃ楽になった。
我々師団って、割と怪我する率高いからさ。
運動系の師団とかでもないのに()
ダリ先生
えー…1年生であれって、かなり凄いね…。
ダリ先生
あなたさん、誰から習ったの?
(なまえ)
あなた
ええっと、直接では無いのですが、ブルシェンコ先生が治している所をお手本にしました。
(なまえ)
あなた
あ、ブルシェンコ先生!空いてる時でいいので、コツ教えてください!
ブルシェンコ先生
!分かった。
あ、てか、私本来の目的忘れるところだった。
危ない危ない…
ラッダァ先生
あなたー?アスレチック師団行くよー?
(なまえ)
あなた
私勧誘されに来た訳じゃないんですけど、ラッダァ先生??
やめて欲しい。切実に。
(なまえ)
あなた
スージー先生、すみません、ちょっと魔生物についての質問がありまして…
スージー先生
それなら、あなたさん、こちらに来てやりましょうか。
(なまえ)
あなた
はい!失礼します。
職員室のソファーの方に座り、スージー先生と対面した形になった。
スージー先生
それで…どんな質問ですか?
(なまえ)
あなた
えっと、この前話していた…
スージー先生
なるほどなるほど…。この魔生物はー
私の質問に、スージー先生が、とても丁寧に対応してくれた。
(なまえ)
あなた
ありがとうございます!
スージー先生
いえいえ、先生は、魔生物に関心がある悪魔が居てくれて嬉しいですよ!
スージー先生、いつもみたいに優しいなぁ。

プリ小説オーディオドラマ