無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

produce 13



とうとうダニエル先輩のクラス。



you
you
先輩
ダニエル
ダニエル
んぁっ?…あなた!!!
you
you
先輩頑張って下さいね
ダニエル
ダニエル
え、あなたが応援を、ありがとう!!!


[3年A組とB組はコートに集まってください]


you
you
先輩、早く行かないと!!
ダニエル
ダニエル
あっ、ありがとなぁあ!!
糸目で手をぶんぶんと大きく振る先輩。



何だか幼くて、笑みがこぼれる。


you
you
ふふっㅎㅎ
グァンリン
グァンリン
や、あいつのこと好きなの?
you
you
は、やめてください、誰があんな人、
グァンリン
グァンリン
の割には楽しそうじゃん
you
you
え、怒ってる?
グァンリン
グァンリン
っ、怒ってねぇし、
you
you
もしかして…
グァンリン
グァンリン
っ、
you
you
私の事好きなの?笑笑
グァンリン
グァンリン
you
you
…じょ、冗談だって、真に受け止めないでよ、先生
ダニエル
ダニエル
あなたやー!!!!
you
you
あっ、
ダニエル
ダニエル
よぉおく見といてな!!!!
you
you
分かりました〜!ㅋㅋ


────


[ダニエルさん!5回目のシュートです!!]
you
you
す、すごい、
グァンリン
グァンリン
やばいなアイツ

ダニエル先輩はこっちに向かってピースをしてくる。
you
you
見てましたよー!
ダニエル
ダニエル

『こ ・ ま ・ うぉ』

そしてまた走り出す。



グァンリン
グァンリン
そんなに好きか?
you
you
ち、違うって!












3年B組の勝利です!!!!









you
you
勝った〜!!
ダニエル
ダニエル
ふぅ、、見てた?!


汗まみれの先輩は真っ先にこちらに走ってはそう聞いてくる。



you
you
見てましたよ!
先輩圧倒的でしたよ〜
あ、これどうぞ


私のタオルを差し出す。


ダニエル
ダニエル
((ジーッ
you
you
つ、使ってないですから!
ダニエル
ダニエル
ちぇーっ、なんだ
you
you
なんですかそれ!


先輩は汗をいっぱいかいたのに、
いい匂いしかしない。
なんだろ、優しい柔らかい匂い…
柔軟剤だ









グァンリン
グァンリン
俺ちょっと行ってくる
you
you
あ、はい









ダニエル
ダニエル
なぁあなた
you
you
はい?
ダニエル
ダニエル
ぎゅーってしてもええ?
you
you
へっ?




そう言った頃にはもう遅かった。






















































『あのグァンリンとかいうのには渡さん。』




そう、耳元で囁かれた。