無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

produce 10



















((ガラガラ🚪











you
you
失礼します…








そこは誰もいない学習室








you
you
ちぇー、誰もいないのかー、座ってよ



数分後



((ガラガラ🚪
ジフン
ジフン
あ、あなたちゃーん!
you
you
あ、ジフンくんも居残りなんだ
ジフン
ジフン
うん!課題忘れてたw
you
you
私も〜!ㅋㅋ



((ガラガラ🚪



グァンリン
グァンリン
はい、、2人ね、俺が何時間でも見守ってるから存分に課題やってね〜


鬼だよ先生。





────
you
you
せ、せんせっ、
グァンリン
グァンリン
ん?
you
you
ぜんっぜん分かりません、
グァンリン
グァンリン
…1問も進んでないけど、
you
you
グァンリン
グァンリン
もしかして、全部?
you
you
…(。_。`)コク
グァンリン
グァンリン
ん、教えたげる
you
you
.*・゚(*º∀º * ).゚・*.
グァンリン
グァンリン
ㅋㅋ
you
you
ここは!
グァンリン
グァンリン
お前これ約分してからなㅋ
you
you
あ、
グァンリン
グァンリン
ん、頑張れ














なんだか隣からの視線が熱い。






ジフン
ジフン
…(´^`)プイッ
you
you
グァンリン
グァンリン
どうした?
you
you
え?!いやっ、なんでも
グァンリン
グァンリン
…こいつ固まってんのか?



先生はジフンくんの目の前で軽く手を振る。



ジフン
ジフン
ファッ、!
you
you
ジフンくんボーッとしてたよ!笑
ジフン
ジフン
やべっ、終わんねぇや、
you
you
え、!ジフンくん、まだ1問も…
グァンリン
グァンリン
…教える奴が増えたな、笑


























































居残りがとても楽しく感じた日でした。





────


作者
作者
本当に投稿遅れてごめんなさい!!
ネタが思いつかなくて、
本当にごめんなさい!