無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

produce3〔Meet(デアイ〕


やっぱりアイスティーは美味しい。











((キーンコーンカーンコーン







え、真面目にやばい。







そう言えば人気ない…






急げぇぇええ))))))





私は必死に走った。



((ドスッ


やべっ、誰かにぶつかっちゃった((

you
you
痛ったぁあ、、
?
いや、俺が痛てぇから
you
you
すみません、!

白衣着てるし理科の先生かな、何この人かっこいい。

てか口悪いな、
グァンリン
グァンリン
大丈夫か?…ほら、手
そう言って先生らしき人は手を差し伸べる
you
you
あ、ありがとうございます、
ごめんなさい、急いでて
グァンリン
グァンリン
新入生か、まぁ気をつけろよ
you
you
はい!もう走りません!


((ダダダダダ

































『ブッ、走ってんじゃんㅎㅎ』