無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

«2話»
ガララララ
兄さん
えー、お前らの担任の兄さんだ
兄さん
今から始業式始まるから、体育館に移動な
(なまえ)
あなた
めんどくさっ…
ショッピ
ショッピ
一緒に行きません?
(なまえ)
あなた
俺は別にいいで
千紗
千紗
私もええでぇ
ショッピ
ショッピ
じゃ行きましょうか
(なまえ)
あなた
いや、やっぱりダメ!
ショッピ
ショッピ
なんで?
(なまえ)
あなた
ショッピってイケメやん?だからモブな俺は関わっちゃ行かん
千紗
千紗
今回だけでいいからさ。行こうよ?
(なまえ)
あなた
まぁ別に…生徒会じゃないなら…
(なまえ)
あなた
まぁ今回だけね
(なまえ)
あなた
行こ
ショッピ
ショッピ
………
千紗
千紗
気にしないで。
あなたは………
ショッピ
ショッピ
あれは気になるっしょ…
(なまえ)
あなた
置いてくぞ〜
千紗
千紗
まってー!
ショッピ
ショッピ
待ってくださーい





«体育館»
(なまえ)
あなた
これどこでもいいの?座るの
千紗
千紗
そうらしいよ?
珍しいねぇ………
(なまえ)
あなた
はいじゃあここ〜
一番端の椅子に座った
千紗
千紗
じゃ隣で
(なまえ)
あなた
ショッピ座らないの?
ショッピ
ショッピ
あ、俺行くとこあるんすよ
(なまえ)
あなた
へぇ〜
ショッピ
ショッピ
興味無さそうっすねw
(なまえ)
あなた
ないね
あ、おったおった!
ショッピくーーん!!
ショッピ
ショッピ
うわ…クソ先輩しゃないっすか
コネシマ
くs…はぁ!?
コネシマやって!
(なまえ)
あなた
………うるさ
コネシマ
誰や?こいつ
ショッピ
ショッピ
同じクラスのこ((
(なまえ)
あなた
名前言わないで
(なまえ)
あなた
関わるつもりないやつに話す言葉はない
コネシマ
はぁ!?
生徒会に向かってなんちゅう口をk
(なまえ)
あなた
はぁ!?
(なまえ)
あなた
今なんつった?
コネシマ
だから生徒かi
(なまえ)
あなた
はいくそ。もういいです。あっちいってください
(なまえ)
あなた
ショッピお呼ばれしてるやん行ってら。
ショッピ
ショッピ
え、え、ちょっと待ってくださいよ
コネシマ
行くぞ〜
トントンに怒られるぅぅ⤴︎︎⤴︎︎
(なまえ)
あなた
………いちいちうるさいやつだな…
千紗
千紗
なおあなたはあの人が生徒会だと知ってもこの口ぶりであるwww
(なまえ)
あなた
何実況しとんねん
千紗
千紗
すんません‪(  ˙-˙  )スンッ‬
(なまえ)
あなた
よろしい



.
兄さん
続いて校長のお話
(なまえ)
あなた
(まだ始まって10分位だけど眠い……
寝よ)








校長の話終わり(約20分くらい←長)
兄さん
次に生徒会挨拶
千紗
千紗
あなた!起きて!(小声)
生徒会挨拶だって!
(なまえ)
あなた
あ"?
興味無い…
千紗
千紗
寝るのがはえぇw
グルッペン
えー、生徒会長のグルッペンだゾ
トントン
副会長のトントンでーす
次々と自己紹介をし
ショッピ
ショッピ
強制的に生徒会に入れられました。
ショッp((ぶっw
ショッピ
ショッピ
失礼…wしましたw
ショッピです



.
グルッペン
えー今日から生徒会が授業中1年のクラスに見回りに行き、気に入ったやつを生徒会に入れるゾ!
千紗
千紗
…………
千紗
千紗
(あなた絶対優等生とかじゃなく、違う意味で気に入られそう…w)
千紗
千紗
(道ずれにされそうだァァァ())



ながーい始業式が終わりました
千紗
千紗
・・!
千紗
千紗
おい!起きんかぁ!《デコピン》
(なまえ)
あなた
いったぁいなぁ!
ショッピ
ショッピ
あ、起きた
おはようございますw
(なまえ)
あなた
…………私なんか幻見えるようになった
ショッピ
ショッピ
なんの幻が見えます?
(なまえ)
あなた
……生徒会であろう奴らが私を囲んでる






.
ショッピ
ショッピ
あーそれ
ショッピ
ショッピ
現実ですね
NEXT…………