無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

«32»
〚あなたside〛
(なまえ)
あなた
「じゃあまたあとでね」か…………
(なまえ)
あなた
何言ってんだろ、俺………w
(なまえ)
あなた
会いたかねぇわ…………w




















〚千紗の家〛
(なまえ)
あなた
てか確か千紗の家族って今居ないんだっけ
(なまえ)
あなた
いつ帰ってくるんだろ
(なまえ)
あなた
てかチャイムは〜…………
ガチャ
(なまえ)
あなた
しなくていっか☆←
(なまえ)
あなた
千紗〜?
名前を呼んでも千紗は出てこない
(なまえ)
あなた
部屋かな…?
千紗の部屋は2階への階段を上り手前から2つ目の部屋だ
コンコンッ
(なまえ)
あなた
入るよ?千紗
ガチャ
そこには






























目に涙をうかべ倒れている千紗が居た
(なまえ)
あなた
千紗ッッッッ!!!
(なまえ)
あなた
千紗!ち、さ?!
急いで駆け寄る
少し触れただけでわかる。酷い熱だ
千紗
千紗
んぁ……あなた…?
(なまえ)
あなた
千紗!しっかりして…!
千紗
千紗
あなた、ごめ…守れな   くて……
(なまえ)
あなた
そんなことより千紗のこと!
立てる?ベットに横になろ
千紗
千紗
俺……グスッあなたの味方だって言ったのに…何にも、出来なかった……グスッ
(なまえ)
あなた
いいの。味方だって言ってくれただけで嬉しいから
(なまえ)
あなた
俺の事より自分の体心配してよ…
千紗をベットに座らせ着替えさせる
汗だくだったため直ぐにタオルを持ってきて軽く体を拭いたあと千紗を寝かせる
千紗
千紗
あなた………
(なまえ)
あなた
お腹すいてない?
千紗
千紗
ちょっとすいた……
(なまえ)
あなた
お粥作ってくるね
寝てていいよ。おやすみ
千紗
千紗
んん………
(なまえ)
あなた
(千紗も疲れが溜まってるんだよな)
(なまえ)
あなた
(……………俺の、せい?)














NEXT→
_____________________
主
はー腹痛()
主
てか今回から毎回NEXTつけようかなって思いますん
主
てか毎回つけようと思ってたのに忘れてる日がちょこちょこあったんすよ←だいぶあった
主
てか朝からすみません()
主
てことで〆ますぅ
主
おつりゅう〜
主
てかついに30話超えた〜(*゚v゚*)