無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第三話
ンダホ
ねぇねぇあなたに声かけてみようよ〜
マサイ
いい案じゃん!
ダーマ
嫌われても知らねーぞ
ンダホ
あっそっか………
シルク
まー、声かけてみるに越したことはないからとりま、声かけてみよ!
Fischer’s
おっけー!あなたに声かけるぞー!
そのころあなたと雪羽は……
あなた

フィッシャーズに声かけられたいよ〜

雪羽
自分から行けばいいじゃん!
あなた

自分もかけられたいくせにー

雪羽
まーそーだけどー笑
あなた

ちょっ、雪羽、フィッシャーズがこっちにくるよー!

雪羽
ラッキーじゃーん!
そ、し、て、💕(キモいですね笑)
シルク
すいませーん!
あなた

は、はい!

雪羽
ちょっ、あなた緊張しすぎでしょ笑
ンダホ
今からなんか予定ある?
あなた

ないです!てか、フィッシャーズさんのためなら予定キャンセルします!

雪羽
ほんとそれです!
マサイ
じゃーさ、ちょっと一緒に遊ぼー!
ダーマ
マサイそれは不審者になってまうぞ笑
マサイ
あ、そっか笑
あなた

全然、不審者に見えません!
てか、遊びたいです!

ザカオ
じゃー、公園とかいこ!
ペケたん
もちろんやるのは
モトキ
アスレチック鬼ごっこ!
Fischer’s
だよねー!
あなた

運動神経よくないけど頑張ります!















次回!アスレチック鬼ごっこ!










全然更新できなくてすいませんでした(_ _;)💦

これからも🐢更新ですがよろしくお願いします!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ウオタミ🐟だほタミ💛
ウオタミ🐟だほタミ💛
よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る