無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

五条先生が心配してくれる
五条先生
五条先生
どうしたの?
貴方
貴方
五条先生……いえ…なんでも…ないです…(^_^;)…ァハハハ
五条先生
五条先生
相談に乗るくらい僕にもできるよ?
貴方
貴方
あっ…その…心配かけてごめんない。大丈夫ですから
五条先生
五条先生
…わかった…別に今、言わなくてもいいよ……
五条先生
五条先生
言いたくなった時に言ってくれればいい。
五条先生
五条先生
でも、これだけは覚えてて、僕も悠仁も野薔薇もめぐみに他のみんなも君の言葉をちゃんと聞いて受け止めてくれるってことを
五条先生
五条先生
君の悩みを聞いて嫌う人も遠ざける人もいないってこと
五条先生
五条先生
みんな待ってるから…君が相談してくれるのを
五条先生
五条先生
だからって言わなきゃとか早く言わないとなんて思わなくていいからね。君が相談したいと思った時に、君が本当に相談に乗って欲しい人にいえばいいからさ
作者
作者
この先はあなた次第です。相談するのか、相談せず苦しむのか、選ぶのはあなたです。