無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

帰って来ない…
今は7時。もう、帰ってくるはずなんだけど、
連絡つかないなぁー
夜ご飯作り終わってあとは亜嵐が帰ってくるのを待つのみ
仕事終わらないのかな?











1時間後…
なんかあったのかな?
連絡もつかないし…帰ってくるって言ってたのに…


こうなったら…玄関でスタンバってよ〜
ドアの真ん前に立って開けたら驚かせてやる!



30分後…
ガチャ
亜嵐
ただい…うわぁぁぁ!
おかえりなさい。
亜嵐
なんで、こんなドア開けてすぐのところに立ってんの?驚きすぎて死ぬかと思った…
遅くなるのはお仕事だからしょうがないけど、連絡に既読くらいつけてくれてもいいじゃん…
亜嵐
ごめん、悪かった…連絡しようとしてはいたんだけど…マネジャーから連絡こなかった?
きてない…あっ!きてたました。
亜嵐
連絡するの頼んでおいたから、ごめん。遅くなって
こちらこそ、ごめん。連絡気づかなくて怒って
亜嵐
それにしても、あのドアのスレスレに立ってんのマジでびっくりした…
前からやってみたいと思ってて…‪w
亜嵐
ご飯にするかぁー
今、準備しまーす♪
帰ってこないわけないのに、