無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

これからもずっと…
明るい光がカーテンの隙間から射し込んでくる。
今日も隣りを見れば彼がいる。
可愛いなぁ…そして、美しい…
こんな、幸せな生活続くのだろうか…
EXILE、GENERATIONSのパフォーマーであり、俳優活動もやり、その他の幅広い活躍をしている彼。
こんな、彼と比べて私は普通の人。画面の前で応援しているファンだった…
今でも信じられない。亜嵐が私の隣りに居てくれるなんて、






そして、












愛してくれるなんて…





未だに夢のようで、起きたら亜嵐が居なくなってるんじゃないかって。もう、私の隣りに帰って来てくれないんじゃないかって…
亜嵐
ん…☆おはょ…
おはようー今日は朝ごはんどうする?
亜嵐
このまま、準備してすぐ出るから朝ごはんは大丈夫〜
そっか、了解!
あなたの傍にこれからも居ていいんだよね?
亜嵐
今日は帰るの遅くなるから先に寝てて大丈夫だから〜
分かった…
亜嵐
そんな、顔するなよー帰ってくるからー
帰ってくる。あなたは今日も私の隣りに帰ってくる…
亜嵐
こっちきて!
なに?
亜嵐は私の後ろに立った。
亜嵐
目をつぶって下さい♪
目つぶるの?
亜嵐
うん!
亜嵐が私の首もとでなにかをしてる
亜嵐
あれ?これどうつけるんだ…
おー出来た!!
えっなに?
亜嵐
目開けて!
目を開けると私のペンダントトップには星が光り輝いていた
えっ……これ..
亜嵐
これからもずっと、俺の隣りに居てくれるかな?
うん、ずっと隣りに居る。何があっても隣りに居るから
亜嵐
何があっても隣りに居ろよ。
いいのかな?こんなに幸せで…
亜嵐
愛してる
うん、うちも…
神様なんて手の届かないところに居るって思ってた。
神様なんて、私の事を見てくれるなんて思ってもみなかった。

















今日も私は神様と一緒に最高の1日を…