無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

行ってらっしゃい!
家に帰ると2時になっていた…あと、1時間
亜嵐
シャワー浴びてくるー
はーい
その間に亜嵐の仕事の準備を少しした。
亜嵐
あーありがとう!準備しといてくれたの?
ある程度はしといたからあと、必要なのはいれねー
亜嵐
了解した!
行っちゃうのかぁー…夜ご飯には帰ってくるもんね…
亜嵐
よし!では、下でもう迎え待ってるわー
もう、行くの?
あっ…つい本音が…ちゃんと行ってらっしゃいって見送らないと
ごめん…なんでもないよー行ってらっ…
亜嵐
そんな、顔すんなよ…帰ってくるからー
亜嵐は優しくギュッとしてくれた…
行ってらっしゃい!
亜嵐
行ってきますー
最後に私の頭を撫でて家を出て行った