無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

入部 2
純恋先輩
そう言えば自己紹介まだだったね。
私はトランペットパートの山岡純恋です。
華香
華香
桜山華香です!
よろしくお願いします!
そうこう話しているうちに吹奏楽部の部室に着いた。
純恋先輩
到着〜!
純恋先輩
華香ちゃんはなんの楽器やりたいとかある?
華香
華香
えっと…特にはないです。
(華香)   本当はクラリネットに行きたい 
んだけど、言いずらいな…
純恋先輩
そう?じゃあ私の楽器のトランペット吹いてみる?
華香
華香
あ、はい!
移動中。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
純恋先輩
ここだよー!
中に案内された。
中は小学校の音楽室と似たような作りになっていて前から、トロンボーン、ホルン、トランペットの順番でそれぞれ練習をしていた。
中には仮入部で来ている子に教えている姿もある。
純恋先輩
華香ちゃん〜
こっちだよ〜
??
お!純恋先輩早速連れてきたんですか!
華香
華香
Σ(゜ω゜)ビクゥ
後ろから男の人が声をかけ、私の頭に手を乗せた。
私はすぐにその人から離れた。
純恋先輩
ちょっとなりくん!
びっくりしちゃってるじゃん!
純恋先輩
あ!ごめんね華香ちゃん。
この人は堀本慶也君。
私の後輩でもあるんだ。
堀本先輩
堀本先輩
いきなりごめんね。
堀本慶也です。
よろしくねー
華香
華香
よ、よろしくお願いします…
純恋先輩
さ!楽器吹こー!
あっという間に時間が過ぎ、一日目の仮入部が終わった。
純恋先輩によるとこれからは好きな楽器の所に行っていいと言っていた。
華香
華香
明日はクラリネットに行こうかな…
(華香)   堀本先輩かっこよかったな…
また会いたいな…


私はこれが恋だというのをまだ知らなかった…


















数日後私は吹奏楽部に入部届けを出した。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

クラリー
クラリー
バスクラ担の吹奏楽部バカです!! 楽しんで見て頂けたら嬉しいです!! あ、あとARASICKです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る