無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
222
2021/11/26

第3話

2.約束
俺が言った言葉にゾムは目を__















見開いた




         2.約束            


ロボロ
だ、だって
ロボロ
迷惑やと....思って........
ゾム
!!
え?なんか変な事言ったか?
ゾム
!....._な__け_るか。
ロボロ
え?
ゾム
んなわけあるかって言ってるんや!!
ロボロ
!?
ゾム
迷惑なわけ無いやろ!!
ゾム
仲間やねんから!!
ロボロ
!!
「仲間だから」
ずっと聞きたかった言葉
ロボロ
で、でも
「嘘かもしれない」と嫌な事が頭をよぎった
ロボロ
ロボロ
あの声が聞こえた。

 
俺を助けてくれた人
いつだって希望を与えてくれた人
ずっと導いてくれた人


そんな人の声
ロボロ
グ、グルッペン...?
その人の名前を呼んだ
「何を言われる?」
不安がよぎった
貴方なら大丈夫だって分かっているはずだから
でも怖くて目をつむった


ポン
グルッペン
..抱え込むな
ロボロ
え?
俺の頭を撫でながら貴方は言う
目を開け貴方の顔を見てみた
貴方は







悲しそうな顔をしていた
グルッペン
仲間だろう?
ロボロ
うん、ありがとう
ゾム
.....あ、そうやロボロ
ロボロ
ゾム
約束してや
ロボロ
何を?
ゾム
抱え込まないってこと
ロボロ
...んふっ
ロボロ
ええよ
ゾム
小指...
ロボロ
ロボロ
はい
ゾム
せーの
二人
♪指きりげんまんウソついたら♪
ロボロ
はr
ゾム
♪食害1ヶ月やってやる♪
ゾム
指きった!
ロボロ
え、えぇ(汗)
ゾム
へへ
ロボロ
....ま、いっか








認めてくれてありがとう
優しくしてくれてありがとう
気付いてくれてありがとう
俺にとってそれが__

















__最高の送りものです。

*ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*
                   ‐ Fin ‐              









       おまけ:頑張る鬱先生       
うつ
(監視中)アイツロボロ大丈夫か?
うつ
(監視中)ん?あ
うつ
『ゾムさーん?』
ゾム
『なんだい大先生』
うつ
『実はなー』
実は裏で頑張ってた鬱先生でした

*ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*
Яioru
Яioru
はいどうもЯioruです
Яioru
Яioru
昨日中に出すつもりだったんですけど無理でした
Яioru
Яioru
ごめんなさい
Яioru
Яioru
てか、お気に入り登録!ありがとうございます!
Яioru
Яioru
嬉しすぎてヤバピーナッツです(?)
しかも2も.....
Яioru
Яioru
ねー
Яioru
Яioru
こちらとすれば楽しみにしてくれている人がいると思うと頑張ろうと思うのでね~
SO☆RE☆NA
Яioru
Яioru
ま、とりあえずこれで「心配」は完結ですね
お次のお話も楽しみにしてくれると嬉しいです
Яioru
Яioru
では
せーの
みんな
じゃねばい!