無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

389
2021/12/04

第21話

1 9
あなたの下の名前side
(なまえ)
あなた
………
ガリガリ……
(なまえ)
あなた
………歌詞はこれでいいかな
やっと出来た 。

感情を全て丁寧に込めようとすると時間がかかってしまった 。
(なまえ)
あなた
次は……
パソコンにデータを入れて作曲をはじめようとした時 。
鏡音レン
鏡音レン
わ………リン、押すなってば(( コソッ
鏡音リン
鏡音リン
だって狭いんだもん…(( コソッ
初音ミク
初音ミク
2人とも静かに〜!(( コソッ
誰かの声がする…
最後にミクの声もした気が…
(なまえ)
あなた
…………ミク?
初音ミク
初音ミク
!?
スマホかな、と思ってスマホを取り出すと 、

猫耳の生えた子と、鏡音レン、リンがいた。
(なまえ)
あなた
えっ、?!
初音ミク
初音ミク
あ、そ、その〜…
声はミクだ 。

でも私の知ってるミクじゃない 。
(なまえ)
あなた
だ、だれのミク…?
初音ミク
初音ミク
" だれの "……?
鏡音レン
鏡音レン
もしかして君のミクが居るの?
(なまえ)
あなた
う、うん……
初音ミク
初音ミク
!!
初音ミク
初音ミク
あのねあのねっ、寧々ちゃんの事なんだけどね
(なまえ)
あなた
お姉ちゃん……?
お姉ちゃんが話に出てくるということはこのバーチャルシンガー達はお姉ちゃんのセカイの…?
初音ミク
初音ミク
そうっ!
鏡音リン
鏡音リン
最近元気がなくて……
鏡音レン
鏡音レン
何か知らない?
元気がない…………?
そうだったんだ 。

私と会う時はいつも笑顔だったから分からなかった。
(なまえ)
あなた
…………知らない 。
(なまえ)
あなた
お姉ちゃんに直接聞いて。
生憎 、 今はこの人達に時間を割きたくない。

一刻も早く 、曲を作らないと








思っていたことが分かったのか 、 迷惑がかかると思ったのか 。

それは分からないが 、 あのミク達は画面から消えた。











ミクside
初音ミク
初音ミク
う〜 、寧々ちゃんの妹に追い返されちゃった〜
KAITO
KAITO
えっ 、会ったのかい?
鏡音レン
鏡音レン
ほら、リンが大声出すからだろ
鏡音リン
鏡音リン
む〜 、そんなことないもん!
結局 、 寧々ちゃんが落ち込んでる理由を聞けなかったけど……
多分 、 寧々ちゃんの妹の事だよね……
初音ミク
初音ミク
どうしたら皆元気になれるかな……