無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

証明①
JM
JM
あなた〜おはよっ♡
ジミンオッパは急にバックハグをして来る……証明ってこうゆう事?心臓が持たないってこれは!
You
You
あ、ジミンオッパおはよう…
テヒョン
テヒョン
あなたちゃん朝から大変だね〜ㅋㅋ
You
You
あぁ、テヒョンさんでしたっけ
テヒョン
テヒョン
僕もテヒョンオッパって呼んで!あとタメね
You
You
あ、うん……テヒョンオッパ?
テヒョン
テヒョン
うんっ……!


テヒョン💭ジミナ……この子を好きになった理由がちょっと?だいぶ分かった気がする。



ジミナの事応援出来ないや。
JM
JM
あなたっ、こいつほっといて行こっ
テヒョン
テヒョン
えぇジミナずるいっ!



あなた💭ずるいって……私は誰の物でも無いんだけどな……
You
You
二人とも!私の教室1年なんでここですよ…
JM
JM
ええもうバイバイ?
You
You
うん
テヒョン
テヒョン
あなたちゃんお昼一緒に食べよ!
You
You
あ、はい、友達も居ていいですよね?
テヒョン
テヒョン
もちろん!^^
JM
JM
テヒョナ何勝手に言ってんだよ俺も食べる!
テヒョン
テヒョン
えぇ〜
JM
JM
酷っ!
You
You
4人で食べればいいじゃん?じゃあね?
クオズ
あっ!うん!


クオズ💭こいつ…あなた狙ってんの?