無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

近所のお兄さん。
きゃー!きゃー!かっこいい!

やばい!やばいい!
You
You
何かめっちゃうるさくない?
親友
親友
見にいこーよ
You
You
おけ
ジミン先輩っ!かっこいい〜!
JM
JM
あはは〜有難う、
きゃー!笑ったよ可愛い!!
You
You
何あれ
親友
親友
でもめっちゃ池麺だねっ
You
You
そう?池麺とか興味無い。顔だけでしょ
JM
JM
え、、もしかしてあなた?
You
You
そうですけど、何で知ってるんですか?
JM
JM
え〜覚えてないかな





そんな事どうでも良いけど周りの女子の目線が怖いよ。
You
You
え、えと、、あ、ジミンオッパ?
JM
JM
そう〜!(ギュッ
You
You
あ、あの、、?




女子の目線!!!!!
JM
JM
あ、御免御免ㅋ
You
You
あ〜癖だったよね
JM
JM
うんっ!お昼一緒に食べよ〜
You
You
あー、うんおけ