無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

53
2021/08/02

第3話

トド松side
前回のあらすじ!
Sara  ♛︎
Sara ♛︎
えっと、十四松と一松が出てきて自分が本当に転生したんだなぁってなった!
Sara  ♛︎
Sara ♛︎
本当に雑ですまない!
Sara  ♛︎
Sara ♛︎
ちなみに、今回はトド松目線で今までのところを書かせていただきます!
Sara  ♛︎
Sara ♛︎
それでは…いってみようꪔ̤̮‪
トド松
トド松
……たまには散歩とかしようかな
僕は、特に外に用がある訳ではないけどなんとなくの気持ちで歩くことにした






イヤミがときどきいる川のあたりを歩く





そしたら、誰かが倒れてた
助ける気がある訳ではなかったけど、頭が痛そうにもがいている

……女の子が倒れてる?
トド松
トド松
お姉さん大丈夫?
めっちゃ頭痛そうじゃん
トド松
トド松
どうしたの?
気づいたら僕はその子に話かけてた
(なまえ)
あなた
実は、木から落ちてって……
え?
普通にやばくない?
(なまえ)
あなた
あえぇー!?!?
急に驚いて…どうしたんだろ
てか、ずっと思ってたけどめっちゃ可愛い顔してる!
後でLINE交換してもらおーっと🎶
トド松
トド松
ん?
お姉さん本当に大丈夫?
トド松
トド松
てか、君可愛いね✨
この子すっごい戸惑ってるなぁ
家に入れてあげた方がいいよね?
たぶん
トド松
トド松
とりあえず、僕ん家来ない?
ちょっとうるさいけど…
頭にはてなマーク浮いてる…可愛いなぁ
Sara  ♛︎
Sara ♛︎
どうでしたか!?
Sara  ♛︎
Sara ♛︎
まだ、使い慣れてなくて作るの時間かかってしまいました……
出来たら毎日出したかったのに
チ───(´-ω-`)───ン
Sara  ♛︎
Sara ♛︎
てか、トド松っぽくなってるかなぁ
Sara  ♛︎
Sara ♛︎
心配だぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁあ
Sara  ♛︎
Sara ♛︎
今回はこの辺で!
毎度短くてすまないm(_ _)m
Sara  ♛︎
Sara ♛︎
Bye(´・∀・)/