無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

388
2019/04/20

第7話

ありがとう
あなたの妊娠がわかってから、半年。
お腹も大きくなって、もうそろそろ出産。






その間に蘭の妊娠もわかってアバハウスには、妊婦が2人の状態だ。












アバの皆もユーチューバーとして、そらとエイジは未来の父として頑張ってくれている。
まあ、ユーチューブの方も忙しくて、たまにだけどね。






















あなた
あなた
ふぅー
そらちぃ
そらちぃ
あなた大丈夫?
あなた
あなた
大丈夫だよ。
あなた
あなた
ちょっと外の空気吸いたいなぁ
ねぇ、蘭、散歩行かない?
蘭
え、行く!
家にいても、エイジは編集ばっかしてるから、暇なんだよねぇ〜
エイジ
エイジ
え?なんか言った?
と、エイジは、イヤホンをはずしながら言う。
蘭
なんもー
あなた
あなた
wwじゃあ行ってきます
そらちぃ
そらちぃ
あんまり遠くに、行くなよ!
あなた
あなた
わかってま〜す!
ツリメ
ツリメ
あ!2人!帰りにコーラ買ってきてくれない?
リクヲ
リクヲ
みっくん、2人は妊婦さんだからね?
あなた
あなた
良いよ良いよ。買ってくるね。
そらちぃ
そらちぃ
じゃあ俺も!
エイジ
エイジ
俺のもヨロシク〜
あなた
あなた
はいは〜い。じゃ行ってきま〜す
蘭
行ってきま〜す
がちゃ
蘭
ねぇリッくんってさ優しいよね
あなた
あなた
それな〜
あなたは、あまり人が沢山いるところは得意では無いため、人気ひとけの少ない路地を歩く。

































その時だった。






























トラックが、猛スピードで突っ込んできた。
それと同時に赤い果汁が飛び散った。













蘭
あなた!!!?