プリ小説

第14話

십사
深夜1時🕐

喉乾いたんで水飲みにいこうとしたら
ジョングク
ジョングク
んっ…
相変わらず馬鹿力で抱きしめられてます
you
こっこ先生…(小声)
you
もー、!
結局飲みに行けませんでした(  ˙-˙  )
そしたら
ジョングク
ジョングク
ん…テディちゃん…
you
…あ?
いま、今テディちゃんって言った!
誰?なんなの?
ねえ教えて!?←
you
…誰、なんですか?
ジョングク
ジョングク
……~
ぐっすり寝やがってやがる
you
はぁもうー!
結局その日は朝まで考えて眠れませんでした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

た る ぎ_🍓
た る ぎ_🍓
私はピョンテです。ご注意を( ˙-˙ ) テテちゃんの変顔は宇宙一👽❤ フォロー100%返すよん 最近サボってます 怒らないでネ
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る