無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

設定(その2)
42
2021/01/04 01:06
玉藻の前

平安時代を生きた有名な妖の1人。
ある日を境に主人公である狐音に寄り添い(取り付き)、狐音の良きパートナーとして傍にいる。

FGOの玉藻の前(キャスター)をイメージしていただければ。
(分からない人は、FGO 玉藻の前 とググってください。)


「この玉藻の前、ご主人様のためなら地獄の果までお供する
次第です。」

だが、狐音のことはいつか僧侶にしたいと思っている。
水面下にて虎視眈々と狙っているが、狐音は気づいていない。