無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

70
2018/06/16

第10話

*9 一人?
稲荷杏也
稲荷杏也
そういうのは俺が確かめる
あなた

え...?

次の日、稲荷杏也はどこかにいなくなっていた。
あなた

はぁ...

一緒に住んでやるっていったの誰よ...
稲荷神社に行こう...
ん?
稲荷神社...稲荷杏也...
まさかっ...
ーー稲荷神社ーー
あなたSaid 
どうか...稲荷杏也様を
私の家の
家族の一員として
戻ってきてください...
助けて...ください...
???
あなた...
帰ろう...
あれ...
涙が...
何で涙が止まらないの?
ーー家に帰ったーー
あなた

グスッ...グスッ...

また一人だ...
淋しい...
悲しい...
どこに行っちゃったの?
杏也...
???
っ!...っ!...
あなたっ!
あなた

え?!

稲荷杏也
稲荷杏也
俺を呼んだだろ?
あなた

杏也?!

稲荷杏也
稲荷杏也
あなた...泣くな
あなた

だって...急に
居なくなるから...

稲荷杏也
稲荷杏也
ごめん