無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

69
2018/06/05

第9話

*8 稲荷杏也に
次の日...🐱
あなた

ん...

稲荷杏也
稲荷杏也
起きたか?
飯、食え。
じゃねぇと
食わせるぞ?
あなた

え?!そんな...

稲荷杏也
稲荷杏也
ばーか。嘘だよ。
冷めない内に食えよ
あなた

稲荷杏也さん...

稲荷杏也
稲荷杏也
杏也って呼べよ
あなた

え...杏也.../////

稲荷杏也
稲荷杏也
照れるんじゃねえよ
あなた

だっ...(だって)
きっ...(急に)
よっ...(呼び捨てなんて)

稲荷杏也
稲荷杏也
フッ...(可愛いんだけど)
稲荷杏也
稲荷杏也
早く食え!
あなた

はいぃ...

ーーご飯食べ終わった🐱ーー
あなた

はぁ...

稲荷杏也
稲荷杏也
おい。どうした?
あなた

あ、何でもない...

稲荷杏也
稲荷杏也
(何かあったな...)
稲荷杏也は私の耳元でいきなり...
稲荷杏也
稲荷杏也
可愛すぎるんだよ...
あなた

えっ?

稲荷杏也
稲荷杏也
お前...まじ可愛すぎ...
あなた

か、神様が人間に恋をしても...

稲荷杏也
稲荷杏也
そういうのは俺が確かめる。
あなた

そんな...

いきなりの告白(?)に私は
放心状態になってしまった。