無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

2.
ジョンハン
ジョンハン
はぁはぁ…////
スンチョル
スンチョル
は、ハニ?
ジョンハン
ジョンハン
も、、無理…スンチョラぁ、、////



顔が火照っていて呂律が回っていない
ジョンハン
ジョンハン
も、、抱いてぇ…/////
スンチョル
スンチョル
え、?!






こんなこと言われたことがない、、












やばい…今のは反則/////





スンチョル
スンチョル
じゃ、じゃあ…絶対喘ぐの我慢しない?
ジョンハン
ジョンハン
んぇ?
スンチョル
スンチョル
ぜ〜ったい我慢しない?
ジョンハン
ジョンハン
な、なんでぇッ////
スンチョル
スンチョル
聞きたいから、ハニの喘ぎ声
ジョンハン
ジョンハン
わ、分かったからはやッくぅ/////
スンチョル
スンチョル
よしッ!
スンチョル
スンチョル
俺止まらないからトぶなよ?
ジョンハン
ジョンハン
ん、スンチョラ…大好き、////
スンチョル
スンチョル
んッッ、チュ…
ジョンハン
ジョンハン
ん、はぁッ…チュ、、





深いキスをしながらハニのモノを触る









既にパンパンで痛そうだった





ジョンハン
ジョンハン
んあッッ!、あンッ、やぁ…////




ユルユル扱いていたが気持ちよさそうだったので早くしてみた





ジョンハン
ジョンハン
ん、?!あぁッ、は、はぁ////
ジョンハン
ジョンハン
あぁんッ、、あ、あ"ぁ"ッ!ビクッ








ハニのモノから欲が勢いよく飛び出した




スンチョル
スンチョル
ハニ…えっろ、、
スンチョル
スンチョル
ん、ッッ…




俺の手についたハニの欲を舐めてみた






ジョンハン
ジョンハン
やぁ、汚い…////
スンチョル
スンチョル
甘い…てか、知ってた?
ジョンハン
ジョンハン
ん…?
スンチョル
スンチョル
ハニの後ろの穴、、ヒクヒクしてんの
ジョンハン
ジョンハン
え、は、早く…入れてッッ////
スンチョル
スンチョル
ふふっ、やば…ハニや、ぐちょぐちよ
ジョンハン
ジョンハン
あ、んんッッ…



俺のモノをハニの穴にあてがうとキュンと締まった





スンチョル
スンチョル
ハニや、、入れるから緩めて
ジョンハン
ジョンハン
んぁ、、はやくぅぅッ///
スンチョル
スンチョル
んッッ…
ジョンハン
ジョンハン
あぁ"ぁ"、、は、はいったぁ////
スンチョル
スンチョル
はッ、キッツッッ…
スンチョル
スンチョル
動くぞ…
ジョンハン
ジョンハン
うん、、んぁッ!あぁ"ぁ"






腰を打ちつける度聞いたことのない喘ぎ声が溢れ出す











身体がぶつかり合う音とハニの喘ぎ声がなんとも官能的で興奮が止まらない




ジョンハン
ジョンハン
あぁ"ん、、も、イクぅぅぅ////
スンチョル
スンチョル
んん、ッッ…イクぞ
ジョンハン
ジョンハン
出してッ、ハニの中に出してッッ!/////
スンチョル
スンチョル
注いでやるッッ!んんッッ!
ジョンハン
ジョンハン
んぁぁぁあ"あ"ッッ!



俺の欲を吐き出した瞬間、ハニは身体をビクつかせて声にならない声を出して気絶した








スンチョル
スンチョル
や、、ば……


これから定期的に媚薬を使おうと決めた







end.
(リクエストありがとうございました🍒)