無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

2.







(jeonghan side)









ジョンハン
ジョンハン
ンッあっ…んんッ////
スンチョル
スンチョル
ここ?
ジョンハン
ジョンハン
やッ…まってッッ!///////






今は下のソコを解かされ中














細い指が入って正直気持ちいい。でも……









ジフン
ジフン
んぁッッあぁッ…んッ///////
スニョン
スニョン
ジフナ気持ちいい?
ジフン
ジフン
ンッ…あッ、やだッッビクッ///////









あー、恥ずかしい…///////








スンチョル
スンチョル
あ、ハニ今締まったね♡
ジョンハン
ジョンハン
え、うぁッッビクッ///////
スンチョル
スンチョル
あー、可愛い♡
スンチョル
スンチョル
スニョン!俺もう挿れるよ?
スニョン
スニョン
流石スンチョリヒョン
スニョン
スニョン
タイミングバッチリ!
スンチョル
スンチョル
よし、鏡にしよう
スニョン
スニョン
ジフナこっち来て
ジフン
ジフン
え、あッ!///////
ジョンハン
ジョンハン
ちょッッ///////







今まで横にいたジフナが目の前に来た










ジフン
ジフン
これッむりッッ!///////








ジフナの後ろにはスニョンがいて多分俺の後ろには…









スンチョル
スンチョル
おー、ジフナがよく見える









やっぱり……///////











スニョン
スニョン
ジフナ、四つん這い
スンチョル
スンチョル
お、バックか
スニョン
スニョン
当たり前じゃん(`▽ ´ )
スンチョル
スンチョル
初めから飛ばすな〜ニヤニヤ
 






なんて怖い話なんでしょう









ジフン
ジフン
ッッ〜!!ハニッヒョン///////
ジョンハン
ジョンハン
ジフナ…明日は練習休まなきゃいけないかも、、
スニョン
スニョン
ほら、
スンチョル
スンチョル
はやく♡






















ジョンハン
ジョンハン
あ"ッッやぁっ、あぁんッ///////
スンチョル
スンチョル
キツいッッ…やっぱり、締まるなッッ!
ジョンハン
ジョンハン
す、あぁッスンチョラぁッあ"ッッビクッ///////
スニョン
スニョン
あ"ッくッハニッヒョン、エロッッ…
ジフン
ジフン
や"ぁッッ、もッあぁッッビクッ///////
ジョンハン
ジョンハン
す、にょんッッ!み、るなぁッッんン"ッッ////
スンチョル
スンチョル
ジフナッッが、乱れてるッ!
ジフン
ジフン
あ"ッッやだぁッ///////
スニョン
スニョン
ジフナッッ、何締め付けてんの?
お仕置きするよ?バチュッン
ジフン
ジフン
あ"ぁぁぁッッ!ビクッ///////
ジョンハン
ジョンハン
音がッッあぁッッ///////
ジフン
ジフン
ごめッなさッッいビクッビクッ///////
スンチョル
スンチョル
んぁッイきそうッッ…
ジョンハン
ジョンハン
すッちょるッッ!んッはぁッッん///////
スニョン
スニョン
ハニヒョンとジフナ、キスしなよニヤ
スンチョル
スンチョル
その間に出すわッッ!
ジョンハン
ジョンハン
えッッあ"ぁッビクッ///////
ジフン
ジフン
あ"ッッハニッヒョンッッ!チュッ…///////
ジョンハン
ジョンハン
ジフナッッチュッチュ…///////
スニョン
スニョン
あはッ最高♡
ジフン
ジフン
んッチュッ…ンチュッ///////
ジョンハン
ジョンハン
チュッ…んっ、ふッあッ///////
スンチョル
スンチョル
あぁッッハニッ出すぞ!
スニョン
スニョン
ジフナッッほしい?
ジョンハン
ジョンハン
チュッ…あ"ぁッ///////
ジフン
ジフン
すにょッッほ、しいッ///////
スンチョル
スンチョル
出すッッビュルルッ////
ジョンハン
ジョンハン
んや"ぁぁぁッッビュルルッ/////
スニョン
スニョン
じゃあジフナ出すよッッ?
ジフン
ジフン
きてぇッッ///////
スニョン
スニョン
ン"ッッビュルル//
ジフン
ジフン
あ"ぁぁぁッッんはぁッビュルル//////









ナカに出された感覚を感じながら意識を手放した
















次の日、ジフナと二人で小一時間説教した















それでも懲りない二人は夜な夜なベットに入ってくるのだ











end.


(リクエストありがとうございました🌙)
遅くなってしまって申し訳ないです🙇