無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

2.


10分後〜



ジフン
ジフン
そろそろ動かすか…







遠隔操作のスイッチを弱に切り替えた









ジフン
ジフン
どれくらいの振動なんだろう…
ジフン
ジフン
キツイのかな?
ジフン
ジフン
ま、いっか







俺はカチャカチャ弱・中・強と切り替えて遊んだ





ジフン
ジフン
あと何分で帰ってくるかな〜






さっきまで乗り気じゃなかったのにいなくなったら
俄然やる気が出てきた





ジフン
ジフン
……眠、、、








この所疲れが溜まっていたのか、俺は寝てしまった















ローターの強さを強にしたまま












ドンドンドンドンドン





ジフン
ジフン
うわ……寝てた、、





ドンドンドンドンドン






ジフン
ジフン
はーい




ガチャ
スニョン
スニョン
ジフナぁぁぁ!///////





顔を真っ赤にして涙目で今にも倒れそうな勢いで部屋に入ってきた





ジフン
ジフン
おつかれー
スニョン
スニョン
電話したけど…出なくて/////
ジフン
ジフン
ごめん、寝てた




俺が寝てから30分も経っていた







ジフン
ジフン
まって、ローター…やべ、、、
スニョン
スニョン
こ、これ強すぎだよ//////
スニョン
スニョン
んぁッッ、、もうだめッッ…///////



ベットに倒れ込むスニョン





ジフン
ジフン
イッてないの?
スニョン
スニョン
ずっと、、我慢してたッ//////
ジフン
ジフン
へー、じゃあ…ご褒美だな
スニョン
スニョン
んぁッ、ジフナ…/////////





スニョンのズボンと下着を脱ぎ、露になったモノを見ると気持ち悪いぐらいパンパンだった






スニョン
スニョン
あ…ジフナ、、、
ジフン
ジフン
なに
スニョン
スニョン
今からはイッてもいいの…?
ジフン
ジフン
…イキたい?
スニョン
スニョン
イキたい///////
ジフン
ジフン
じゃあイッていいよ
スニョン
スニョン
ジフナ、ありがとう///////
ジフン
ジフン
イッてもいいけど、イキ続けてね
スニョン
スニョン
え、?




パンパンのモノに手をかけた




スニョン
スニョン
やぁッッ!ビクッ///////






その瞬間俺に向かって白濁が飛んだ







ジフン
ジフン
うぉ、
スニョン
スニョン
んはぁ、ごめんなさい…/////
スニョン
スニョン
も、我慢でき…ないッッ!///
ジフン
ジフン
いいよ、まだまだこれからだから






俺は忘れていた













スニョンの中からローターを取り出すことを