無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

我慢:🍊×🧚


ある素敵な日



ジュン
ジュン
ふふふ〜ん🎶






今日は仕事もoffで宿舎でゆっくりしていた








ジュン
ジュン
そういえば…あのゲームまだクリアできてなかったんだ!
ジュン
ジュン
📱ピコピコピコ




コンコンコン






誰かが部屋のドアをノックした


ジュン
ジュン
あぁー!ちょっとまってぇー!!
📱ピコピコピコ



コンコンコン









ドアを叩く音が大きくなった







ジュン
ジュン
もー、そんな叩かなくても、、急ぎ〜?




ガチャ
ジュン
ジュン
だーれですk…うわぁ、!
ジュン
ジュン
スングァナ?!




ドアを開けるとスングァンが自分の胸へと飛び込んできた






スングァン
スングァン
ヒョン、もう無理です…
ジュン
ジュン
ど、どうしたの?




こんなスングァン初めて…何かあったに違いない








スングァン
スングァン
もう耐えられないの…
ジュン
ジュン
練習キツいの?喉の調子悪い?
ジュン
ジュン
水持ってこよっか?
スングァン
スングァン
ヒョン…健康って大事だよね?
ジュン
ジュン
当たり前だよ、一番気を使わなきゃ
スングァン
スングァン
僕…今ものすごくしんどいんだ
スングァン
スングァン
だから、、助けてくれる?
ジュン
ジュン
もちろん!!何をしたらいい?
スングァン
スングァン
ヒョン、ごめんね








スングァンが謝った瞬間、目の前が真っ暗になった














そして自分の唇の違和感に気がついた





スングァン
スングァン
んっ、
ジュン
ジュン
(今…スングァンとキスしてる?!)
スングァン
スングァン
チュッ…
ジュン
ジュン
んんー!!
スングァン
スングァン
チュ、チュパッ…
ジュン
ジュン
ふっ、スン…グァ、、ナッ!







無理矢理スングァンの体を引き離した