無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

3.
スニョン
スニョン
あぁッッ…ジフ…ナぁぁ、!
スニョン
スニョン
うぁッ、も、出るッッ!////





その後、ずっと手や口でスニョンをイかせ続けた






ジフン
ジフン
イけよ、ほらッッ!
スニョン
スニョン
んあッッ!はや、いっ!/////
スニョン
スニョン
あぁッッ、やっ、イクッッ!出るぅぅ!ビクッ








何回も出したのにスニョンの欲の勢いは変わらず














こいつ、、、どんだけ性欲強いの?






スニョン
スニョン
じ、ふなぁ…もう、入れてぇ、、?/////







そう言うと自分でM字開脚をし始めた








ジフン
ジフン
えっろ……ん?








ここでようやく気づいた














ローターを取り忘れていたことを





ジフン
ジフン
スニョナ、、ローター入れっぱなし
スニョン
スニョン
んぇ?あ、、忘れてた…
ジフン
ジフン
大丈夫なのか?
スニョン
スニョン
ん、大丈夫じゃないけど…なんか、、気持ちいいッッ
ジフン
ジフン
……へぇー、、じゃあこのままでいっか
スニョン
スニョン
え、あッッ…!!








俺はスニョンのグチョグチョになったソコに俺のモノを入れた







ジフン
ジフン
くッ、体勢…キッッツ、!
 







M字開脚のまま入れたから体勢がキツい











それに、スニョンとの距離が近すぎてやりにくい



ジフン
ジフン
んッッ、、はぁはぁ…
スニョン
スニョン
んぁッッ、ジフ…ナ、、ん、んッ
ジフン
ジフン
ンチュッッ、チュッッ
スニョン
スニョン
チュッッ、チュッチュパ
ジフン
ジフン
はぁ、動くぞッッ…
スニョン
スニョン
うん、はやっくッッ!





結局俺はスニョンを押し倒して奥を突いた






スニョン
スニョン
んぁッッ、やぁッッ!あぁん、♡
ジフン
ジフン
はッッ…んっ、






スニョンの中がやばすぎてすぐイきそうになる







スニョン
スニョン
あぁぁッッ、ジフナぁぁ!好きッッ!すっき//////
ジフン
ジフン
ん、はぁッッ…俺、も!
スニョン
スニョン
やんッッ!また出るッッ!
スニョン
スニョン
もうイきたくないのッ、に!あぁ…ジフナぁぁ、!
ジフン
ジフン
まだまだイけよッッ!
スニョン
スニョン
んぁッッ、ジフナぁぁっ!出ちゃうッッ!!
スニョン
スニョン
やぁぁぁん、、ビクッ
ジフン
ジフン
んッッ、、
スニョン
スニョン
はぁはぁ、、
ジフン
ジフン
休むなよ、俺イってないから





腰を動かしたまま手でスニョンのモノを扱いた






スニョン
スニョン
んやぁッッ!ジフッッ、あぁっ!ダメぇッッ
スニョン
スニョン
イッた…ばっかッッりぃ!
ジフン
ジフン
ん、ンッ







結合部からはパチュパチュと水音が漏れる







ジフン
ジフン
ふっ、あッ、イク…!
スニョン
スニョン
やぁ、らッッ!ジッ、フナッッ!出ちゃッッうぁっ!
ジフン
ジフン
んぁッッ、出すぞッッ!
スニョン
スニョン
や、ぁぁッッ…あぁんッッ!出ちゃうッッ!
ジフン
ジフン
んぁッッ!ビクッ
スニョン
スニョン
んぁッッ、やぁぁんッッ!ビジャァー
ジフン
ジフン
おぁッッ…
スニョン
スニョン
ビクビクッ
ジフン
ジフン
スニョン、、潮吹いた…





スニョンはビクビクしながら気を失っていた








ジフン
ジフン
さすがに、、やりすぎたかも…
ジフン
ジフン
起きたらマッサージでもしてやるか……







俺たちの運動はこれで補えてる気がしている











こんなこと言ったら引かれるだろうか











そんなことを考えながら片付けに入った
 



end.


(リクエストありがとうございました☂️)