無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

2.
ジフン
ジフン
…ただいま
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン!遅いじゃん!!心配したよ?!
ジフン
ジフン
おう、、
ミンギュ
ミンギュ
どうしたの?
ジフン
ジフン
…別に
ミンギュ
ミンギュ
誰と電話してきたの?
ジフン
ジフン
…別に誰でもいいじゃん
ミンギュ
ミンギュ
…マジでどうしたの?
ジフン
ジフン
うるさい、嘘つきと喋りたくない






直接本人に聞いたらいいのにそれすらも出来ず、大好きな人に当たるなんて…最低すぎる








自分が不甲斐なさすぎて、、これからの二人の関係がどうなるのか怖くて涙が出てきた


ジフン
ジフン
…もう寝るから、、グズッ
ミンギュ
ミンギュ
なんで泣いてるの?






そう言ってミンギュは俺の手を引いて抱きしめた








暖かくて、優しくて、涙が止まらない


ジフン
ジフン
ふっ…グズッグスッ
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン、大丈夫だよ…ちゃんと言って?
ジフン
ジフン
ご、ごめん…グズッ



涙が止まらない間ずっと背中をさすってくれた







ミンギュ
ミンギュ
大丈夫?
ジフン
ジフン
…うん、、
ミンギュ
ミンギュ
何があったの?
ジフン
ジフン
、、ドギョムと電話してきた
ミンギュ
ミンギュ
は…?
ミンギュ
ミンギュ
どうして




明らかにミンギュがイラついていた
ジフン
ジフン
…ミンギュが、、
ミンギュ
ミンギュ
俺が?どうしたの、
ジフン
ジフン
ミンギュが…





俺はもう勢いに任せて全て言うことにした




ジフン
ジフン
ミンギュが最近襲ってこないから、!!
ミンギュ
ミンギュ
ん?



ミンギュはポカンとしていた

ジフン
ジフン
きゅ、急に襲ってこなくなったから…心配で、、
ジフン
ジフン
だから浮気してんのかと思って…グズッ
ジフン
ジフン
ドギョムに電話して今ほんとに忙しいのか聞いたら、、暇って言うから…グズッグスッ
ジフン
ジフン
お前が嘘ついたー!!グズッ
ミンギュ
ミンギュ
ひ、ヒョン!!(*´罒`*)
ジフン
ジフン
うわぁぁ、ニヤつくなー!グズッグスッ
ミンギュ
ミンギュ
もうヒョン可愛い、可愛すぎる!!
ミンギュ
ミンギュ
無理、ほんとに無理ッッ!
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン!行きますよ!
ジフン
ジフン
グスッ…どこに?
ミンギュ
ミンギュ
ベットに決まってるじゃないですか!!
ジフン
ジフン
え、あッ!


ひょいと俺を持ち上げたミンギュはスタスタとベットへ歩き始めた
ジフン
ジフン
ま、まって…久しぶりだから、、
ジフン
ジフン
そ、その…
ミンギュ
ミンギュ
んー、優しくねぇ、ごめんね、ヒョン
ジフン
ジフン
ミンギュ
ミンギュ
絶対止まれない
ジフン
ジフン
や、まっほんとに優しくして!
ミンギュ
ミンギュ
はーい
ミンギュ
ミンギュ
チュッ…
ジフン
ジフン
んッッ、、



久しぶりだからすごくドキドキした




ミンギュ
ミンギュ
チュ…チュッッ
ジフン
ジフン
チュ…んんッ、、んぁッ!




急に熱を持った俺のモノを触りだした




ミンギュ
ミンギュ
ヒョン…溜まってるよね?
ジフン
ジフン
あ、はッ…////
ミンギュ
ミンギュ
俺も死ぬほど溜まってるから、、一緒にいっぱい…



ミンギュ
ミンギュ
気持ちよくなろうね♡



そう耳元で言われた時、もう理性がぶっ飛んだ