無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

2.






今俺は悩んでいる



スンチョル
スンチョル
んーー、、どうしよ





ジフナたちに貰ったローターってやつ











使い方がさっぱりわからない





スンチョル
スンチョル
とりあえず…ググるか
スンチョル
スンチョル
えっと、、、え、なんか押したら動き出しちゃった
スンチョル
スンチョル
ど、どうしよ…
スンチョル
スンチョル
あ、、これをモノにくっつければいいんだな



試しに自分のモノにくっつけてみた




スンチョル
スンチョル
うぉッッ!
スンチョル
スンチョル
やっっば……




これは、、、いける!!




スンチョル
スンチョル
ジョンハナーーー!!!
ジョンハン
ジョンハン
なにー
スンチョル
スンチョル
ちょっとこっち来て!!
ジョンハン
ジョンハン
…なに、、そんなにワクワクして
スンチョル
スンチョル
はやく!!
ジョンハン
ジョンハン
来たけど…
スンチョル
スンチョル
捕まえた!!
ジョンハン
ジョンハン
は?!




ズボンと下着を一気に下ろしてすかさずローターを中に入れた




ジョンハン
ジョンハン
ちょ、あぁッッ…な、なにぃ?//////
ジョンハン
ジョンハン
あ、やッ、なんか…うごいてるッッ!/////
スンチョル
スンチョル
どうだ?気持ちいいか?
ジョンハン
ジョンハン
き、もちいいッッ!けどと、めてっ!!
スンチョル
スンチョル
なんで?
ジョンハン
ジョンハン
俺今ッスニョンぅぁッによ、ばれてるぅッ!




よく聞いたら廊下でスニョンが叫んでいた





スニョン
スニョン
ジョンハニヒョーーン!!!
スンチョル
スンチョル
行ってきていいよ
ジョンハン
ジョンハン
はぁッッ、じゃぁ…止めて!!
スンチョル
スンチョル
むり♡いってらっしゃーい!!





無理矢理部屋の外へ出した









この後どうなるか…楽しみだ!!