無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

2.






んッ…あれ、、俺…寝てた、?










見知らぬ天井を見ながら状況を整理していく









スニョン
スニョン
(あ、俺…怪我して保健室来たんだった…)
スニョン
スニョン
(やば、寝すぎたかも…)
スニョン
スニョン
せ、先生!
ジス
ジス
あ、スニョンくん
ジス
ジス
起きましたか(*^-^*)
スニョン
スニョン
あ、はい…
ジス
ジス
体調どうですか?
スニョン
スニョン
え?えーと…ん?
ジス
ジス
どうかしましたか?
スニョン
スニョン
い、いや…///////
ジス
ジス
??






ベットから起き上がったものの出れない










何故俺のモノが勃っているのだろう













これではベットから出たくても出れない




ジス
ジス
やっぱり体調悪いんですか?
スニョン
スニョン
あ、いや!そうじゃなくて!
ジス
ジス
じゃあベットから出てください(^^)







バサッと布団を取られた







スニョン
スニョン
あぁッ!
ジス
ジス
あ……
スニョン
スニョン
い、やこれは……せ、生理現象です!!
ジス
ジス
……そうですか(^^)






やった、、、やり過ごした…






ジス
ジス
では出していきましょう(^^)
スニョン
スニョン
……え?
ジス
ジス
はい、ズボン脱いで








先生はそのままベットに上がり、ベルトを外し始めた







スニョン
スニョン
ちょ、ちょ!!ま、待ってください!






必死に拒むが抵抗も虚しく、ズボンの上から優しく撫でる先生






ジス
ジス
苦しくないんですか?
ジス
ジス
スニョンくん(^^)
スニョン
スニョン
あッ…ビクッ//////
ジス
ジス
…ね?気持ちいいでしょ?
スニョン
スニョン
せ、先生…ッあぁッ、/////
ジス
ジス
さ、脱いでください(^^)







結局、自分のモノが露になった







ジス
ジス
ふふっ、ビクついてますよ♡
スニョン
スニョン
んッ…はぁッッ//////
ジス
ジス
じゃあ…んんッ…
スニョン
スニョン
はッ、あ…せ、先生ッ!///////





そして先生はモノを咥えだした






ジス
ジス
んぁッ…おっひぃ、、
スニョン
スニョン
あぁッ…せ、んせッッ/////
ジス
ジス
ジュルッジュル…ジュボジュボッ
スニョン
スニョン
んんッッ!んはぁッ//////
ジス
ジス
しゅごい、ひるッ…ジュルッ
(すごい、汁)
ジス
ジス
んッ…ジュル
スニョン
スニョン
は、んはッ…/////
ジス
ジス
ンッ…僕もシますね






すると先生は自分のモノを出し、左手で扱きながら俺のモノを咥えた








今度は色々なテクニックを使いながら






ジス
ジス
チュルッ…ジュジュッ、ジュホッ
スニョン
スニョン
んぁぁッ!ビクッ//////
ジス
ジス
んッはぁッッ…チロチロッ
スニョン
スニョン
あ、ッせ、んせぇッッ喘がなッいでぇ/////
ジス
ジス
む、りですッッよ!…んぁぁッ
スニョン
スニョン
あ"あ"ッッ、イ、ぐッ!ぁんッひッ出ちゃッう"/////
ジス
ジス
出すんですかッ?いいでッンァッ…すよ、♡
ジス
ジス
いっぱい…くらさいッ…チュッ♡
(ください)
スニョン
スニョン
ん"あ"ッッ…ひょッ、、あぁ"ぁ"ッビクッ/////
ジス
ジス
んぁぁッッ…ビクッ








同時に2人で欲を出した










先生はベットにボトボトと、俺は先生の口の中に勢いよく








ジス
ジス
んンッ…いっぱい、、♡









口の端に俺の精液をつけた先生の姿はエロかった








ジス
ジス
出したい時はいつでもおいで♡






これから俺は頻繁に保健室に向かうことになるだろう










end.