無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

3.





家を出てきたけどヒョンが気になりすぎて買い物に集中できない











もう帰ろっかな(まだ5分)










ミンギュ
ミンギュ
📱プルルル.プルルル
ドギョム
ドギョム
📱もしもし?
ミンギュ
ミンギュ
📱あ、ごめん、用事は無いんだけどさ暇で(*^-^*)
ドギョム
ドギョム
📱こっちこそ!タイミング最高!




数分後
ミンギュ
ミンギュ
📱えぇ?!じゃあ今ヒョンを放置してるってこと?
ドギョム
ドギョム
📱まぁ、そうなるね
ミンギュ
ミンギュ
📱早く帰ってやれ!!泣いちゃうぞ
(`^ ´ )
ドギョム
ドギョム
📱そうだね、帰る!!(≧∇≦)
ミンギュ
ミンギュ
📱おぉ〜







ガチャ
ドギョム
ドギョム
ヒョンーー!!ジフニヒョーーン!







ヒョンがいる寝室に行くと目隠しがあるのにも関わらず、涙でぐちゃぐちゃなヒョンがいた




ジフン
ジフン
んッ、ドギョ…まぁッ、ヒッグッ、グスッ
ドギョム
ドギョム
ヒョン…ヒョン、ごめんなさい





すごく苦しそうで、罪悪感に駆られる












目隠しとローターを取る








ジフン
ジフン
ドギョマ、、も、無理…ヒッグ、グスッ
ジフン
ジフン
も、イきたいのッッ、グスッ///////
ドギョム
ドギョム
いいよ、たくさんイこうね






僕は初めてということを忘れて一気にヒョンの中にモノを入れた






ジフン
ジフン
あぁッッ!!痛…いッッ
ドギョム
ドギョム
あ、ヒョンッッごめん!
ジフン
ジフン
んぁッッ、だ、いじょうぶッ!
ドギョム
ドギョム
動くよ…?
ジフン
ジフン
んッッ…///////
ドギョム
ドギョム
ん、はぁッ…キツッ、、
ジフン
ジフン
んぁぁッッ!あっ、ひッ!
ドギョム
ドギョム
んっ、んっ…
ジフン
ジフン
ドギョ、、!リングぅッッ!///////
ドギョム
ドギョム
んぇ?あ、忘れてた…ごめんね、今取るから、、






リングがくい込んでいるひょんのモノを手を掛けるとヒョンは体をビクつかせた





ジフン
ジフン
ひゃぁッッ!
ドギョム
ドギョム
ヒョン?!
ジフン
ジフン
やぁぁッ…///////
ドギョム
ドギョム
これがいわゆる"メスイキ"ってやつ?
ジフン
ジフン
んはぁッ、、も、出したいのッに!///////
ドギョム
ドギョム
ヒョン可愛いすぎるよ…
 





ここからリングを取って、ノンストップで奥を突いた









気づいた頃にはヒョンは気を失っていた












この後ヒョンに死ぬほど怒られたのは言うまでもない











でも最後に







ドギョム
ドギョム
ごめんなさい…(´∵`)シュン
ジフン
ジフン
全く……で、も…
ドギョム
ドギョム
ジフン
ジフン
ずっと逃げて…ごめん
ジフン
ジフン
怖かったんだ、、行為が、、///////
ドギョム
ドギョム
ヒョン、、、
ドギョム
ドギョム
やっぱり嫌だった?
ジフン
ジフン
……ない、、
ドギョム
ドギョム
え?
ジフン
ジフン
そ、そんなことない!///////
ドギョム
ドギョム
…ヒョ〜ン!!大好き♡
ジフン
ジフン
お前!調子に乗るな!






これからもいろんな体験していこうね(≧∇≦)