無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

2.







ヒョンたちに貰ったローターを手に部屋へ戻った




スングァン
スングァン
ハンソラ〜!!
スングァン
スングァン
え、、、寝てる?
ハンソル
ハンソル
スースー(-_-) zzz
スングァン
スングァン
ほんとに……ひどい!!こうなったら、、!!





ハーフパンツを脱がせてハンソラの穴にローションで濡らしたローターを入れた



スングァン
スングァン
起こしてやる……




ローターなんて使ったことないからどんな強さなのか知らないけど弱にスイッチを切り替えた




ハンソル
ハンソル
スースー(-_-) zzz
スングァン
スングァン
あれ?効いてないの?
スングァン
スングァン
じゃあ…中
ハンソル
ハンソル
スースー(-_-) zzz……ピクッ
スングァン
スングァン
あれ、、起きない…
スングァン
スングァン
あ、でもモノは勃つんだ
スングァン
スングァン
もういいや!!強!
ハンソル
ハンソル
ンッ…スースー(-_-) zzz
スングァン
スングァン
なにこれ、、、全然起きないじゃん…壊れてんの?
スングァン
スングァン
もういいや…トイレ行こ(´∵`)シュン
 








数分後





スングァン
スングァン
(ヒョンたちと喋ってたら遅くなっちゃった)
スングァン
スングァン
(ハンソラ大丈夫かな?)
スングァン
スングァン
ハンソラ〜!!
ハンソル
ハンソル
んンッ、、す、ングァナ!!!
スングァン
スングァン
あ、起きた。おはよう
ハンソル
ハンソル
な、にこれッ!
スングァン
スングァン
え?……あ、、、
スングァン
スングァン
(やっばい、、、忘れてた)
ハンソル
ハンソル
なん…か、、やばっいんだけどッッ!//////
スングァン
スングァン
だ、だって!!ハンソラが……
スングァン
スングァン
ハンソラがかまってくれないから……それで、、、
ハンソル
ハンソル
ちょ、、なんでッッぁ…もいいからッ、止めて、!
スングァン
スングァン
あれ、、、スイッチどこだっけ…?
ハンソル
ハンソル
ちょ、ッッ!やぁッら 、、イッく…///////
スングァン
スングァン
え、、ハンソラ…気持ちいの?
ハンソル
ハンソル
あぅ、、ッッ…は、やくッ!/////
スングァン
スングァン
やば……久しぶりじゃん、、、




いい一日は今始まりました