無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

2.







ローターをつけてから10分は経った














あれからお願いはされてない













でもイけないようにコックリングも着けたし、限界が近いんじゃないかな〜




ウォヌ
ウォヌ
んッッ…み、ンギュぅ、、///////
ミンギュ
ミンギュ
なーにー?
ウォヌ
ウォヌ
こ、れぇ止めてッッ!
ミンギュ
ミンギュ
無理です♡
ウォヌ
ウォヌ
お願いッッしたじゃぁん///////
ミンギュ
ミンギュ
そのお願いは受け付けません♡
ウォヌ
ウォヌ
やぁぁッッ、、




今ウォヌヒョンは自分のプライドと戦っている






ウォヌ
ウォヌ
やぁッッ、、またイクッッ…///////
ミンギュ
ミンギュ
さっきから空イキばっかり
ミンギュ
ミンギュ
辛いでしょ?(´∵`)シュン
ウォヌ
ウォヌ
わかってぅぁッッたら、、助けて、よ!
ミンギュ
ミンギュ
でも、、、ウォヌヒョンがお願いしてくれないから…
ウォヌ
ウォヌ
〜ッッ、、もう、、イかせてぇ?///////



あ、やっと言ってくれた♡












ウォヌヒョンの顔が涙でぐちゃぐちゃ









ファンもメンバーも知らない僕だけの顔




ミンギュ
ミンギュ
すぐイかせてあげる



コックリングを取って乳首にあったローターを一つウォヌヒョンの中に入れた




ウォヌ
ウォヌ
んやぁッッ!ビクッ
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン、すっごい濃いじゃん。溜めてたの?
ウォヌ
ウォヌ
やぁぁ、、止まらないッッ…///////
ミンギュ
ミンギュ
んへへ、可愛い




すかさず自分のモノもヒョンの中に入れた









ローターが入っているからこっちも感じちゃう





ミンギュ
ミンギュ
んッッ、はぁっ
ウォヌ
ウォヌ
あッッ、やぁぁッ、また出るぅ、///////
ミンギュ
ミンギュ
出すの?手伝ってあげる
 

腰を動かしながらウォヌヒョンのモノを咥えた




ウォヌ
ウォヌ
んあぁッッ///////
ミンギュ
ミンギュ
んッッチュッ、チュパッッ
ウォヌ
ウォヌ
ま、ぁッッ…出るッッ! 
ミンギュ
ミンギュ
だひてひひよ
(出していいよ)
ウォヌ
ウォヌ
んぁッッ、ビクッ
ミンギュ
ミンギュ
んッ、、



僕の口に入ったヒョンの欲を少し出してヒョンの乳首に塗りつけた




ミンギュ
ミンギュ
ヒョン、、こっちはローターがないなら寂しいでしょ?
ミンギュ
ミンギュ
ははっ、乳首硬くなってるㅎㅎㅎㅎ
ウォヌ
ウォヌ
んやぁッッ、やぁらミンギュッッ!
ウォヌ
ウォヌ
腰もッッはぁッ動かしてッッ♡




僕のネコはもう乱れ狂った










お高く気どったプライドなんか捨てて








僕との快楽だけを求めて




ミンギュ
ミンギュ
やっぱりヒョンはこうでなくっちゃ♡




end.






(リクエストありがとうございました🍉)
今回はローター要素が少なかった気がします、、すいません💦