無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

2.




ジフン
ジフン
んやぁぁぁッッ!/////





あれから身体の疼きは止まらず、訳が分からないまま、チャイナに犯されていた





ジュン
ジュン
んぁッ締めッないで!
ジフン
ジフン
やッ、ジュナッッ!やめ、あぁんッ////




自分のモノからは常に何かしらの液が出ている







ミンハオ
ミンハオ
混乱してるから教えてあげるね
ミンハオ
ミンハオ
ヒョンが飲んだお茶には媚薬が混ぜてあってね、即効性はあるのに効き目も長く続く物で、
ミンハオ
ミンハオ
この部屋に充満してるのはすこーしだけムラムラしちゃう香料が混ぜてあるんだ







なんて説明してくれているが犯されているので全く届かない







ジュン
ジュン
んッ、一旦出すねッ!
ジフン
ジフン
や、らぁッ!あぁッッ、ぁんッ////
ジュン
ジュン
んはぁッビクッ
ジフン
ジフン
あぁぁぁッッビクッ////
ジュン
ジュン
ふぅー、
ジュン
ジュン
あ、ウジ気持ちよすぎて痙攣してる(≧∇≦)
ジフン
ジフン
あぁッ、もぅだめぇッ、はぁはぁッ////
ミンハオ
ミンハオ
何言ってんのヒョン
ジュン
ジュン
まだまだこれから♡
ミンハオ
ミンハオ
とりあえず挿れますね
ジフン
ジフン
も、やぁッ、んぁッビクッ////
ジュン
ジュン
じゃあ僕は咥えてもらお!





四つん這いになり勢いあるまま入ってくるハオのモノはジュニのとは違う長さがあった





ミンハオ
ミンハオ
んッキツッッ…(ズチュッ
ジフン
ジフン
んぁぁッッ、おッくぅ…///
ミンハオ
ミンハオ
なに、当たるの?ㅎㅎㅎㅎ
ミンハオ
ミンハオ
イイトコロ♡
ジュン
ジュン
ウジや!咥えて?
ジフン
ジフン
んんッ、んごッビクッ////





勿論口に入れたことの無いモノは苦くて嗚咽が止まらなかった






ミンハオ
ミンハオ
ほら、ちゃんとジュニヒョンのモノ…舐めてあげて?
ジフン
ジフン
んごッ、んンッジュルッジュポジュポッ////
ジュン
ジュン
んぁッ、気持ちいッ…





見様見真似でやってるフェラ中は何故か動かないハオ









媚薬のせいなのか、分からないが挿れてるだけじゃ身体の疼きは治まらない








ジュン
ジュン
んンッ出すよッ全部飲んでッッ!
ジフン
ジフン
んふッ、んンッジュボジュボッッ/////
ジュン
ジュン
イくッッ!ビクッ
ジフン
ジフン
んんッ!ゴフッ…ゴホゴホッ//
ジュン
ジュン
ん、ちゃんと飲んだんだね、
えらいえらい
ミンハオ
ミンハオ
良かったよ、ウジヒョン
ジフン
ジフン
////



ダメだ、ハオが動いてくれない











もう限界、、足りない/////





ジフン
ジフン
は、ハオ!///
ミンハオ
ミンハオ
なんですか?
ジフン
ジフン
な、んで…動かないの?/////
ミンハオ
ミンハオ
ん?聞こえないな〜?
ジフン
ジフン
だ、だから!なんで動かないの?
ミンハオ
ミンハオ
ウジヒョンがオネダリしてくれたら…なぁ〜
ジフン
ジフン
〜ッ!/////
ジフン
ジフン
お、ねがいッ!////
ミンハオ
ミンハオ
なんですか?
ジフン
ジフン
動いて、、/////
ミンハオ
ミンハオ
聞こえない〜
ジフン
ジフン
ッッ!お願い、動いてッ!/////
ジフン
ジフン
もう、ぐちゅぐちゅにさせてぇ///////
ミンハオ
ミンハオ
んふ、待ってた(*^-^*)





なんて言うと期待を遥かに超えるスピードで腰を動かしてきた






ジフン
ジフン
んやぁぁッ!ビクッ////
ミンハオ
ミンハオ
んッ、はぁッ…
ジフン
ジフン
やあぁぁぁ"ぁ"ぁ"♡////
ジュン
ジュン
ウジや、気持ちいい?
ジフン
ジフン
きもッちいいッ!あんッおくぅッッきたぁぁ♡////
ミンハオ
ミンハオ
大変ッジュニヒョン!ウジヒョン壊れちゃったッ!
ジフン
ジフン
んァ"ァ" ァ"ァ"ッビクッビク//////
ジュン
ジュン
いいんじゃない?(≧∇≦)








そして俺はチャイナの沼から抜け出せなくなっていた








end.