無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

はじめて:🐸×🧚




ミンハオ
ミンハオ
もういい?
ジュン
ジュン
ま、まって…
ミンハオ
ミンハオ
遅い…
ジュン
ジュン
こ、心の準備が…
ミンハオ
ミンハオ
ヒョンは僕に任せとけばいいんだよ







僕達は今、学校に閉じ込められている












ここは保健室










先生は誰一人いない









そしてベットの上で僕がミンハオに押し倒されている










どうして、こうなったかと言うと……






一時間前



ジュン
ジュン
うわ〜もう9時だよ!帰ろ!!
ミンハオ
ミンハオ
もうみんな帰っちゃってるね






僕達は、、まぁ、僕なんだけど…テストの点が悪かった為、補習を受けていた
ジュン
ジュン
全く!先生もひどいよね!何も言わず帰るなんてさ ٩(๑`ȏ´๑)۶
ミンハオ
ミンハオ
もしかしたら何かあったのかもね
ジュン
ジュン
あ、そっか〜(´・×・`)
ミンハオ
ミンハオ
すっごい暗いね
ジュン
ジュン
怖いね…ちょっとㅎㅎ
ミンハオ
ミンハオ
確かにㅎㅎㅎ




雑談しながら玄関の外へとつながるドアに手をかけた


ガチャガチャ
ミンハオ
ミンハオ
…あれ?
ジュン
ジュン
どうしたの?
ミンハオ
ミンハオ
…ヒョン、、僕達…帰れないみたい
ジュン
ジュン
…えぇぇーー!!




ここの学校では生徒や不審者などが学校に閉じこまらないように内側の鍵はついていない
ミンハオ
ミンハオ
だめだ…全部鍵がかかってる、、諦めよ
ジュン
ジュン
そんな…お腹空いた、、(´・ ・`)
ミンハオ
ミンハオ
お菓子、、あるよ
ジュン
ジュン
ほんと?!やったー!!
ミンハオ
ミンハオ
とりあえずヒョン。今日の寝れるところを探そう
ジュン
ジュン
いいところ知ってるよ!!
ミンハオ
ミンハオ
どこ?




学校でちゃんと寝れて、寒くなくて、暖かいところ…










決まってんじゃん!



ジュン
ジュン
保健室ー!!
ジュン
ジュン
ベットもあるし!暖房器具もあるよ!!
ミンハオ
ミンハオ
でも入れないんじゃ…
ジュン
ジュン
ふっ、ふっ、ふっ(*^-^*)
ジュン
ジュン
保健室は何かあった時のためにいつでも空いているんです〜!


ガラガラガラ〜
ジュン
ジュン
わ〜!ベット〜
ミンハオ
ミンハオ
保健室…初めて入ったかも
ジュン
ジュン
えぇー!?勿体ない!
ジュン
ジュン
授業をサボるのにはここが最適なのに…
ミンハオ
ミンハオ
全く、、ヒョンは(;´ ∀`)




ぐるりと部屋を見渡して本棚を見る





ミンハオ
ミンハオ
やっぱり保健関係の本がたくさんあるね
ジュン
ジュン
どれどれ〜
ジュン
ジュン
テーピングの仕方、救命救急法、
ジュン
ジュン
性行為の仕方…
ジュン
ジュン
ッッ!/////
ミンハオ
ミンハオ
どうしたの?
ジュン
ジュン
あ、いや!な、何も無いよ?!/////
ミンハオ
ミンハオ



すかさず手に持っていた本を背中に隠す


ミンハオ
ミンハオ
後ろ…何持ってるの?
ジュン
ジュン
(ば、バレたッッ!)
ジュン
ジュン
な、なにも(;´ ∀`)
ミンハオ
ミンハオ
…はッ!
ジュン
ジュン
あっ!!



少し気を抜いた瞬間、持っていた本がミンハオの手に渡っていた



ミンハオ
ミンハオ
性行為……
ジュン
ジュン
/////
ミンハオ
ミンハオ
もしかして…興味あるの?
ジュン
ジュン
え、?!





思いがけない質問で焦る





ミンハオ
ミンハオ
僕と…する、、?
ジュン
ジュン
え、、、





この空間で二人きり










雰囲気に飲み込まれたのかな













よく分からないけど、僕は考える前に返事をしていた
















ジュン
ジュン
…うん、、