無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

2.
ミンハオ
ミンハオ
ま、まって、!
ミンギュ
ミンギュ
知らないようだから教えてあげるけど、行為中の"待って"は待たないでって意味だから






そして僕のモノを掴んで上下に動かした





ミンハオ
ミンハオ
あッ、やぁッッ///////
ミンギュ
ミンギュ
俺が入ってきたから出てないでしょ?1回出しとくか
ミンハオ
ミンハオ
ちょッ、はやッい!///////
ミンギュ
ミンギュ
もう出ちゃうの?
ミンハオ
ミンハオ
ほ、んとにッッで、ちゃう///////
ミンギュ
ミンギュ
まぁ、いっか、いいよ?出しても





すると上下に動かしていた速度を速めた








ミンハオ
ミンハオ
あッッ!だ、ダメッッ…ビクッ
ミンギュ
ミンギュ
んッ、、、





ミンギュ目掛けて白濁が凄い勢いでかかってしまった







ミンハオ
ミンハオ
あ、、はぁッッ…ごめん…
ミンギュ
ミンギュ
全然いいよ、ほら、四つん這いになって
ミンハオ
ミンハオ
え…、、こ、う?///////
ミンギュ
ミンギュ
そう、じゃあ入れるから
ミンハオ
ミンハオ
あ、やッ、だ、ダメッッ!///////
ミンギュ
ミンギュ
ハオ、、今から俺はジュニヒョンね
ミンハオ
ミンハオ
は、?
ミンギュ
ミンギュ
俺はハオのこと、ウォヌヒョンだと思ってするから






そう言うとミンギュのモノが中に入ってきた







ミンハオ
ミンハオ
あ、あぁッ///////
ミンギュ
ミンギュ
んッ、、はッ…ウォヌ、、ヒョン…





ほんとに僕のこと、、ウォヌヒョンだと思ってるんだ








ミンギュ
ミンギュ
動くよ…?
ミンハオ
ミンハオ
うん、、ッ///////
ミンギュ
ミンギュ
んッはぁ…あぁッ、
ミンハオ
ミンハオ
あぁッッ、ジュニッヒョン!///////
ミンギュ
ミンギュ
ははっ、グチュグチュ言ってるよ
ミンハオ
ミンハオ
あぁん、やぁッ、ダメッ///////





僕達の仲に愛は無いが行為自体には愛がある







そんな不思議な関係なのに、同じ境遇からなのか、安心する




ミンギュ
ミンギュ
ん、、イきそッッ!出していいッッ?
ミンハオ
ミンハオ
んッ、早くッッ!
ミンギュ
ミンギュ
はぁッッ、あぁッ!ビクッ
ミンハオ
ミンハオ
あぁッんッッ…ビク







全てを出し切った僕達はそのまま寝た
 










最後に言葉をかけて







ミンギュ
ミンギュ
お互い…
ミンハオ
ミンハオ
頑張ろ、、、







end.