無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

2.
ジョンハン
ジョンハン
んッ、ちょ…やだぁッ///////
ジス
ジス
ジュルッ、んッ…ジュルッ
ジョンハン
ジョンハン
や、はぁッッ…あぁッ///////







どうしてこうなっているのかと言うと………










数十分前………




ジョンハン
ジョンハン
わ、、ほんとに誰もいない…
ジス
ジス
これだとなんでもできるね
ジョンハン
ジョンハン
なにするつもりㅎㅎㅎㅎ
ジョンハン
ジョンハン
あ、始まった!
ジス
ジス
ほら、、前向いて(*^-^*)






数分後……




ジョンハン
ジョンハン
(やっぱり…面白くないな、、、)
ジョンハン
ジョンハン
(どうしてこれ、、選んだんだろ)
ジョンハン
ジョンハン
ん、ッ!




ジスが横からハニのモノに手を添わせてきた




ジョンハン
ジョンハン
(は、?ちょッ…)
ジス
ジス
ゴソゴソ
ジョンハン
ジョンハン
(コソッ)じ、ジスッ!
ジス
ジス
しー、静かにしなきゃ







静かにって誰もいないじゃん!!





ジス
ジス
ジー、



ジスはズボンのチャックを開け、モノを出した




ジョンハン
ジョンハン
や、まってッ///////
ジス
ジス
しーー






ギュッとモノを掴み、上下に動かし始めた












そして耳元で囁いた






ジス
ジス
声、出しちゃダメだよ?
ジョンハン
ジョンハン
んッッ…///////






次第に自分のモノは芯を持ち、汁が溢れていた






ジス
ジス
ハニ、汁すごいじゃん








さっきから耳元で囁くジスにゾクゾクが止まらない






ジス
ジス
グチュグチュいってる、えっちいね
ジョンハン
ジョンハン
あッ…ふッ、、///////
ジス
ジス
手から溢れちゃう…どうしよっか
ジョンハン
ジョンハン
やッ…じ、すッ///////
ジス
ジス
このままだと床にハニのえっちな汁が
水溜まり作っちゃうよ?
ジョンハン
ジョンハン
んッ、!お、ねがいッ、舐めてぇ///////
ジス
ジス
ふふっ、いいよ