無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

2.








ジョンハン
ジョンハン
あぁッ!





敏感になっているモノにさらに拍車がかかる





ジョンハン
ジョンハン
(な、なにッこれぇ、?)
ジョンハン
ジョンハン
は、あッ!
ジス
ジス
ハニ、気持ちいい?
ジョンハン
ジョンハン
あ、ちょッ////



モノの根元をグッと押さえる





ジョンハン
ジョンハン
あぁッ!
ジス
ジス
あーあ、これでイけないね



ニコッと笑顔をみせる









その笑顔で身体中がゾクゾクした







ジョンハン
ジョンハン
じ、ジスッッッ、は、離して!
ジス
ジス
むーり ♥︎
ジョンハン
ジョンハン
あぁッ、やッ…ふッッ



イけないからか、生理的な涙が出てくる





ジョンハン
ジョンハン
ふっ、うッ…
ジス
ジス
あぁ、泣かないで、ハニや
ジス
ジス
場所変えよっか




そう言うと立ち上がり手を引っ張った






ジョンハン
ジョンハン
え…?
ジス
ジス
あ、そこの君。
ジス
ジス
先生に「ジョンハン君が気分悪そうなので保健室に行きました」って伝えといてくれる?




そう言い捨て教室を出た















連れてこられたのは普段生徒が入ることは無い鍵のついた資料室














ポケットから鍵を取り出し、ドアを開け中に入ってまた鍵をかけた













ジス
ジス
さ、続き…シよっか♥︎ 
ジョンハン
ジョンハン
…え、、?///
ジス
ジス
もうそろそろいいでしょ。




慣れた手つきでズボンと下着を脱がしていく









ジョンハン
ジョンハン
ま、待ってよ!
ジス
ジス
待たない
ジョンハン
ジョンハン
うあッッッ!



後の穴に指を入れた






ジス
ジス
ふっ、ぐちょぐちょじゃん
ジョンハン
ジョンハン
や、あッ…はッッ
ジス
ジス
これだったらすぐ入るよね
ジョンハン
ジョンハン
え、ちょッまって、、ほんとにッいれ、るの?
ジス
ジス
なに?いらないの?
ジョンハン
ジョンハン
あッ……///////





問いかけながらも穴を弄り続けるので何も考えられなかった







ジス
ジス
どうするの?
ジョンハン
ジョンハン
あッ、い、入れてッッ///////
ジス
ジス
変態♥︎ 



言い切った瞬間に中に勢いよく入ってくる







ジョンハン
ジョンハン
あァッッッッ!!
ジス
ジス
くッ、キッつ……





入ってるだけで気持ちよくて勝手に腰が動いてしまう










ジョンハン
ジョンハン
はッ、あ、んンッッ♥︎ 
ジス
ジス
なに好き勝手に動いてんのッ!
ジス
ジス
もう止められないよッ




壊しに来たように腰を打ちつけてくる







ジョンハン
ジョンハン
やッ、は!な、なにこれぇッ!!!
ジス
ジス
はッ、まさかハニにこんなッ、秘密があったなんてねッッッ
ジョンハン
ジョンハン
は、はぁッ、き、もちいッ…
ジス
ジス
あッ、、ハニ…!
ジョンハン
ジョンハン
あ、あぁッ…イく!!イッちゃうッッ!
ジス
ジス
はッ、くッッ…だ、すよ…!
ジョンハン
ジョンハン
は、やくッ!きてぇッ!




















ジョンハン
ジョンハン
はぁはぁはぁ…
ジス
ジス
はぁはぁ…
ジョンハン
ジョンハン
ジス…いつ気づいたの?
ジス
ジス
授業始まって10分ぐらいに?
ジス
ジス
なんか言ってるなーと思って見たら顔真っ赤で勃ってたから
ジョンハン
ジョンハン
あ/////
ジス
ジス
ハニの秘密も僕の秘密になっちゃったね
ジス
ジス
今度はハニから誘ってきてね♥︎
ジョンハン
ジョンハン
う、うんッ////








ここの教室は僕達二人だけの秘密の場所となりました








end