無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

回数:🍊×🇺🇸
スングァン
スングァン
ねぇ〜、ボノナーー!!
スングァン
スングァン
今日の夜シよ〜♡
ハンソル
ハンソル
…今日"も"の間違いじゃない?
スングァン
スングァン
いいじゃん♡
ハンソル
ハンソル
、、、スングァナ、部屋来て





スングァンは性欲が強い









1回では足らずその後も何回か分からないぐらい、犯される










スングァンを嫌ってるわけじゃないし僕だって性欲というものもある。













ほんとにシたくないわけじゃない











ただ、疲れるのだ。次の日に響くからヤる回数は抑えて欲しい







スングァン
スングァン
どうしたの?







当たり前のようにベットへ座るスングァン









あざといというか、、なんというか、、





ハンソル
ハンソル
スングァナ、今日はやめない?普通に寝ようよ
スングァン
スングァン
どうして?
ハンソル
ハンソル
明日朝から練習でしょ?響く
スングァン
スングァン
…じゃあ、、さ、3回!3回シよ…?
ハンソル
ハンソル
だめ、シたくないわけじゃないんだよ?でも明日が練習だから…
スングァン
スングァン
、、、2回…
ハンソル
ハンソル
スングァナ、
スングァン
スングァン
…がない、、
ハンソル
ハンソル
え?
スングァン
スングァン
しょうがないじゃん!!
ハンソル
ハンソル
え、
ドサッ






椅子に座っていたはずの自分の体がベットの上にある










馬乗りになっているスングァン。やばい







スングァン
スングァン
ボノナが悪いから
ハンソル
ハンソル
ちょ、待って
スングァン
スングァン
ボノナが可愛いから、それに無防備だから…しょうがない!
ハンソル
ハンソル
あッ…んんッッ!
スングァン
スングァン
チュッ…チュッッ
ハンソル
ハンソル
や、スングァッナぁ!!
スングァン
スングァン
無理、止まれない…ンチュッッ、、
ハンソル
ハンソル
やッッ…んぁッ、







結局僕の要望は虚しく散り、、、こうなる








ハンソル
ハンソル
あぁッッ!あんッ
スングァン
スングァン
んぁッ、気持ちッッ…最高ッ!
ハンソル
ハンソル
やぁッッ、だめ!
スングァン
スングァン
練習なんて僕が手伝ってあげる!んぁッ
スングァン
スングァン
もっと腰動かしてッ!はぁッあぁッッ
ハンソル
ハンソル
や、も、むりぃッッ!あぁんッ
スングァン
スングァン
なんだッかんだ言って、ボノナも好きじゃんッッ!
スングァン
スングァン
セックスッ!んぁッ、あぁッッ
ハンソル
ハンソル
も、あぁんッッ
スングァン
スングァン
出すよッ!、んはぁッ!ビクッ
ハンソル
ハンソル
んあ"あ"ぁッ!ビクッ








この日もスングァンが尽きるまで、犯された









でも、結局許してる僕もスングァンとあまり変わらないのかも…






end.