無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

2.





てか、僕のとこ狭い…









ジュン
ジュン
あれ、ハオのとこ…狭くない?
ミンハオ
ミンハオ
うん、、、ヒョンたちに挟まれてる…
ジュン
ジュン
こっちおいで(*^-^*)
ミンハオ
ミンハオ
でもヒョンのとこもそんなに、、
ジュン
ジュン
大丈夫、大丈夫!早く!!
ミンハオ
ミンハオ
よっ、、、と…
ミンハオ
ミンハオ
って、座る場所ないじゃん!
ジュン
ジュン
あるじゃん!
ミンハオ
ミンハオ
何処に
ジュン
ジュン
ここ!!




ヒョンが示す場所はヒョンの膝の上、、というか…
広げたヒョンの足の中というか、、、






ミンハオ
ミンハオ
そ、そこは…
ジュン
ジュン
も〜早く!!
ミンハオ
ミンハオ
うわっ!!






半ば強引に座らされる










今の状態はジュニヒョンにバックハグされている












これ、、、まずくない?





ジョンハン
ジョンハン
ジュニたち、、熱くないの?
ジュン
ジュン
全然( ´﹀` )
スニョン
スニョン
いいなー!!俺もバックハグしたいー!!
チャン
チャン
ヒョン、、、引く…
スニョン
スニョン
おい!
ミンギュ
ミンギュ
てか、ここのお湯、半透明っていうか…白っぽいんだね
ウォヌ
ウォヌ
割と見えないよね、底とか
スングァン
スングァン
このお湯のお陰でお肌スベスベ〜
ドギョム
ドギョム
あははっスベスベ〜(≧∇≦)






確かに結構白いな。もしかしたらそれが肌とかにいいんじゃ…






ミンハオ
ミンハオ
ねぇ、ジュニヒョン
ジュン
ジュン
なーに?
ミンハオ
ミンハオ
このお湯がさ、ビクッ





え、まって








ミンハオ
ミンハオ
ひ、ヒョン?!
ジュン
ジュン
うん、だからなーに?
ミンハオ
ミンハオ
ちょッッ、





あろう事かヒョンは僕のモノを上下に動かし始めた






ミンハオ
ミンハオ
は、やめッて///////
ジュン
ジュン
どうしたの、ハオ?
ミンハオ
ミンハオ
ばッかぁ///////
ジュン
ジュン
(コソッ)だって、こんなに近くにいて
我慢できると思う?
ミンハオ
ミンハオ
しらなッい!///////
ジュン
ジュン
出来ないよねー、普通に(*^-^*)
ミンハオ
ミンハオ
やッだ、!///////
ジュン
ジュン
(コソッ)ほら、声抑えないとみんなにバレちゃうよ?
ミンハオ
ミンハオ
んッッ…///////
スンチョル
スンチョル
あ、そういえばさ〜







良かった…みんな気づいてない、、、












早く辞めさせなきゃ…でも、、力…入らない








ジュン
ジュン
(*^-^*)






辞めさせたいのに、ヒョンの手は早くなる一方






ミンハオ
ミンハオ
はッ、あッッ…はぁっ///////
ハンソル
ハンソル
……
ミンハオ
ミンハオ
ヒョンッ!!///////







ハンソルがこっちを見てる、、バレちゃう!




ジュン
ジュン
…ハンソルどうしたの〜?
ハンソル
ハンソル
…温かすぎて、、眠くなってきた
ジュン
ジュン
わかる〜(*^-^*)
ミンハオ
ミンハオ
ふッ、んッッ…///////
ハンソル
ハンソル
僕、先に出ますね
スングァン
スングァン
あ、待って僕も!!
スンチョル
スンチョル
俺もそろそろ出よっかな!
ジョンハン
ジョンハン
ハニはまだいる〜








お願い、、早く出てって!!!