無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

3.



チャン
チャン
んあぁッッ!
ウォヌ
ウォヌ
はッッ、、くッ!
チャン
チャン
ああ"あ"、イ"ッちゃうぅぅ!!
ウォヌ
ウォヌ
んッッ、イけよッッ!
チャン
チャン
ん、あぁっ、ひょ、出し…てッッ
ウォヌ
ウォヌ
は、、締めんなッッ!
チャン
チャン
奥ッッ!おくぅぅぅ!来てッッ!
ウォヌ
ウォヌ
んぁッッ、出るッ…
ウォヌ
ウォヌ
んッッ!
チャン
チャン
んあぁッッ!ビクッ







チャニの中に凄い勢いで入っていく俺の欲











余程気持ちよかったのか、チャニはそのまま意識を失ってしまった





ウォヌ
ウォヌ
…片付けよ、、



チャニに毛布を掛けて片付けに取りかかった








数分後
チャン
チャン
ん……はッ!
ウォヌ
ウォヌ
起きた?
チャン
チャン
ご、ごめんなさいッ!飛んじゃった…
ウォヌ
ウォヌ
そんなに気持ちよかったの?
チャン
チャン
…はい/////
ウォヌ
ウォヌ
ありがとうな、腰…痛いだろ?
チャン
チャン
…あの
ウォヌ
ウォヌ
チャン
チャン
初めてなんです…意識飛ぶまで気持ちよくなったの。それに…
チャン
チャン
行為するだけじゃなくて、雑談しながらご飯食べるのも、行為が終わっても優しくしてくれるのも
チャン
チャン
全部…初めてで、、嬉しかったです
ウォヌ
ウォヌ
そっか、よかった
チャン
チャン
あ、あのッ!////
ウォヌ
ウォヌ
これ、お金
チャン
チャン
あ…
ウォヌ
ウォヌ
今日はありがとう
チャン
チャン
…はい、、ありがとうございました…









チャニの話を最後まで聞くのは危険だ












俺とチャニは客とデリヘル











その線は越えちゃいけない










こうして俺たちのワンナイトに幕を下ろした



end.