無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

電話の向こう:🐯×🍚


リクエストです☎️















電話の呼び出し音、ベッドの軋む音、そしてリップ音











音のせいで俺の心臓は止まらない











全てアイツのせいだ…












数分前……









スニョン
スニョン
ジフナー!!






バンッと音を立てながら部屋に入ってくるのは俺の彼氏




ジフン
ジフン
静かに入ってこいよ、、、
スニョン
スニョン
へへっ、何してんの?
ジフン
ジフン
…別に、大したことはしてない






嘘だ、本当は自慰行為をしていた









スニョンの足音が聞こえて速攻で片付けた










我ながら耳はほんとにいい






スニョン
スニョン
なんだ、一人でシてんのかと思ったのに
ジフン
ジフン
……馬鹿じゃねーの







こいつは時々、勘が鋭い時がある






スニョン
スニョン
…ジフナ、本当のこと言ってみ?
ジフン
ジフン
、は?
スニョン
スニョン
ん?言ってみ?









顔を覗き込みながら近づいてくる





ジフン
ジフン
〜ッ、、//////
ジフン
ジフン
し、シてたよ!わ、悪いか!/////
スニョン
スニョン
やっぱり、チュッ
ジフン
ジフン
んッ!
スニョン
スニョン
シよっか、(*^-^*)
ジフン
ジフン
えッ…/////







何て言おうか悩んでいるとスマホが鳴った






prrrr....prrrr...prrrr...


ジフン
ジフン
あ、俺のだ…
スニョン
スニョン
…出るの?
ジフン
ジフン
、で、出ないッ!
スニョン
スニョン
じゃあ…いいよね?










そっと近づいてくるスニョン











そのままベッドに移動してキスを落とされる








スニョン
スニョン
チュッ…チュ
ジフン
ジフン
チュッ、、んッ…






短かったり、深かったり、バラバラだけど気持ちいい









prrrr...prrrr...prrrr...








まただ、また電話が掛かってきた









急ぎなのか?





ジフン
ジフン
んッ…スニョン、ごめん…見ていい?
スニョン
スニョン
いいよ、誰?







スマホの画面に表示されていたのは





ジフン
ジフン
スングァンだ
スニョン
スニョン
スングァン?買い物に行ったんじゃなかったっけ?
ジフン
ジフン
うん、まぁ…大丈夫だろ
スニョン
スニョン
……出なよ、ジフナ
ジフン
ジフン
え?
スニョン
スニョン
こっち来て、電話出てよ
ジフン
ジフン
?わかった…






スニョンにバックハグ状態でスングァンの電話に出た






ジフン
ジフン
もしもし?
スングァン
スングァン
📱おー、ヒョン?今忙しかった?
ジフン
ジフン
いや、どうした?
スングァン
スングァン
📱いやあの〜今買い物来てるんですけど、宿舎に無いものってなんでしたっけ?
ジフン
ジフン
おー、歯磨き粉と……んッッ!?
スングァン
スングァン
📱ヒョン?






後ろにいたスニョンが何故か自分の目の前にいる











そして俺のズボンと下着を取ると半勃したモノを咥え始めた